ブログ

辻彩奈

 J.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」は、ヴァイオリニストが生涯に一度は全曲演奏をしたいと望み、バイブル的な存在に位置付けている。
 それを21歳で成し遂げたヴァイオリニストがいる。辻彩奈である。
 1月25日、紀尾井ホールで行われた辻彩奈のバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」のリサイタルは、2度の休憩をはさんで約3時間。
 辻彩奈は冒頭から凛とした響きでスタート、ソナタ第1番、パルティータ第1番を演奏。休憩後にソナタ第3番、パルティータ第3番を演奏し、再び休憩後にソナタ第2番、パルティータ第2番を演奏した。
 最後の「シャコンヌ」は、堂々たる演奏。全編に大作に挑む意欲的な気持ちが横溢していたものの、けっして憶することなく、一瞬たりとも弛緩することもなく、最後までみずみずしい響きを前面に押し出し、あたかもエベレストの高い頂に勇気をもって登頂していくような潔さを見せた。
 辻彩奈は、2016年のモントリオール国際音楽コンクールの覇者。そのライヴCDのライナーノーツを綴り、デビュー当時からずっとインタビューや取材を続けてきた。
「伊熊さん、私、バッハの無伴奏を全曲演奏することにしたんですよ。来年の1月です。聴きにきてくださいね」
 こういわれたのは、昨年のインタビュー時のことだった。
「えっ、もうその若さで全曲演奏に挑戦するの?」
「ええ、いま猛勉強中です。先生からも弾け弾けっていわれていたんです。いよいよその時が来たな、という感じで…」
 すごいことである。でも、そのときの辻彩奈の表情は、大作に挑む恐れのようなものはまったく見られず、いま弾きたいから弾く、といったごく自然な感じだった。
 この夜のバッハはこれまで聴いてきたどの無伴奏とも異なり、若鮎が清流をぐんぐん泳いで上っていくような活力と情熱と根性を醸し出していた。
 彼女はいまフランスでもレッスンを受け、自身の演奏を磨いている。
 このバッハ、ぜひレコーディングしてほしいと願ってやまない。
 今日の写真は、リサイタルのプログラムの表紙。終演後のCDのサイン会は長蛇の列。私のライナーを読んでくれる人がまた少し増え、うれしい限り…。この公演評は「公明新聞」に書く予定である。

y3284_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 17:25 | クラシックを愛す

渡邊康雄

 ピアノと指揮の両面で活躍している渡邊康雄が、オーケストラ・アンサンブル金沢を弾き振りして、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番と第5番「皇帝」を演奏することになった(3月17日14:00開演、紀尾井ホール)。
 その話を聞きに、出版社まで出かけた。このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書くことになっている。
 渡邊さんは、いずれベートーヴェンの5曲のピアノ協奏曲を弾き振りしたいのだそうだ。インタビューでは、ベートーヴェンのコンチェルトに対する熱き胸の内をことばを尽くして話してくれた。
 やはり、ピアニストにとっても指揮者にとっても、ベートーヴェンは偉大であり、生涯ずっと演奏していきたい作曲家であり、夢は尽きないのだと思う。
 ベートーヴェンにまつわる思い出、コンチェルトの各楽章の話、弾き振りの楽しさ、オーケストラとの音の対話、楽譜の読み方まで、非常に興味深い話を聞くことができた。
 今日の写真は、インタビュー中のワンショット。もっと時間があれば、より深いベートーヴェンの話を聞くことができたに違いない。春爛漫の3月のコンサートが楽しみだ。

y3283_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 21:44 | 情報・特急便

ホアキン・アチューカロのショパン

 昨夜のホアキン・アチューカロのリサイタルでは、冒頭のショパン「24の前奏曲」に関し、本人がステージでマイクを握り、「演奏に寄せて」というトークを披露した。
 その内容を紹介してみたい。

 ショパンの「24の前奏曲集」を24個の美しい小さな宝石たちと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、私はこの作品を、それらが綿密に連関して崇高な価値を創り出している1つの大きな建造物だと思っております。
 ハ長調―イ短調―ト長調―ホ短調…と、平行短調を間に挟みながら5度ずつ上がっていく調構成で作られたこの美しい建造物において、私が、ショパンの唯一無二の天才性を感じるのは、愛、哀しみ、歓び、憤り、夢、恐怖、郷愁…といった、人間が感じ得るすべての感情が、ここに強烈に刻み込まれているという点であり、また、さらに驚くべきことに、各曲に投影された感情がそれぞれ、前後に連なる曲と大きく隔たりつつも連続していくという見事な構成なのです。
 この作品を、単に24曲の小品の連作集と捉えるのではなく、人間の感情のすべてが刻み付けられた、マーラーの交響曲にも匹敵する巨大な建造物として捉え、曲と曲の間にこそ描かれている感情の移ろいや隔たりにまでじっと耳を澄ませながら、日本のみなさまに、この壮大な旅をご一緒していただければと願っております。
 
 このことば通り、彼のショパンは24曲の全体を俯瞰し、それぞれの曲の個性を生かしながらも、ひとつひとつが有機的なつながりをもって演奏された。
 まさに大きな感情の流れが全編を支配し、最後のニ短調の曲が終わったときには、長い旅路が終わりを告げた感覚に陥った。それを味わうために、またCDを聴き直そうと思っている。
 
 
posted by 伊熊よし子 at 20:56 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス