ブログ

東京・春・音楽祭2019

 毎年、上野の春を彩る「東京・春・音楽祭」。2019年のプログラムが発表となり、今回は「ぶらあぼ」のWEBに記事を寄せた。
 
https://ebravo.jp/harusai/archives/7956

 ぜひ、寄ってみてくださいな。
posted by 伊熊よし子 at 20:47 | 情報・特急便

塩かぼす

 2014年7月30日のブログに、当時はやっていた塩レモンの作り方を綴った。
 あれから4年以上が過ぎ、塩レモンはすっかり定着したようだ。
 いまは、かぼすがおいしい時期で、オーガニックのかぼすが手に入ったため、レモンの替わりに塩かぼすを作ってみた。
 ざくざくと皮ごとスライスし、びんに詰め、10パーセントの塩を入れて漬け込む。
 この塩も、ちょっとこだわりが必要だ。最近は、さまざまな産地の多種多様な塩が売られている。それらを吟味し、もっとも自分が好きな塩を選ぶ。
 今日の写真は、漬け込んで1週間ほど経った塩かぼす。レモンよりも塩を吸収するのが遅いようで、まだかなり堅い。もう少し置いた方がよさそうだ。
 塩レモンはお魚のムニエルやサラダ、海老や白身魚のフライ、シュニッツェルに合うが、塩かぼすも同様の調味料として使うつもりである。早く出来ないかな…。

y3236_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:16 | 美味なるダイアリー

藤田真央

 若きピアニスト藤田真央は、以前から注目しているアーティストである。
 今日はヤマハホールでリサイタルがあり、14時からの公演に出かけた。
 プログラムは、前半がモーツァルトの幻想曲ニ短調K.397、「デュポールのメヌエットの主題による9つの変奏曲」、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番。
 後半はシューベルトの3つのピアノ曲D.946、「さすらい人幻想曲」。
 まず、モーツァルトからゆったりとしたテンポの情感あふれる美しい音色が全開。近年、若手ピアニストはテクニックを前面に押し出し、スポーツカーのように疾走する演奏が多いが、藤田真央の演奏は実におだやかで、ひとつひとつの音が非常にクリアに聴き手のもとに届けられる。
 ヤマハホールは木造のやわらかい響きが特徴で、333席のぜいたくな空間で聴くと、ピアニストの息遣いまで聴こえくるようだ。
 藤田真央は、2017年のクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝の栄冠に輝いた。同コンクールの優勝者はみな柔軟性に富む美しい音色の持ち主で、音楽に対する熱き思いをけっして声高には表現せず、抒情的で内省的な演奏を特徴とする。
 クララ・ハスキルがモーツァルトを得意としたから、藤田真央もコンクールでモーツァルトを演奏したに違いない。今日のモーツァルトは、とても心に響き、幸せな気持ちにさせてくれた。
 ベートーヴェンは特に第3楽章のフーガが歌心に満ち、楽器を大きく豊かに鳴らす奏法が印象に残った。
 後半のシューベルトは、いまの藤田真央の心身の充実を示しているよう。彼はリートをうたうように旋律をたっぷりとうたい上げ、明るく晴朗な「3つのピアノ曲」で自身の歌を朗々と奏でた。
「さすらい人幻想曲」では、マレイ・ペライアが初来日したころの演奏を思い出した。作品に関してではなく、その奏法と解釈、聴き手に与える印象においてである。
 ペライアのような息の長いピアニストになってほしいと思う。
 今日の公演評は、「公明新聞」に書く予定である。 
posted by 伊熊よし子 at 23:25 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス