ブログ

グジェゴシュ・ニェムチュク

 先日、ノルウェー人の名前は難しいと書いたが、ポーランド人の名前もとても発音が難しい。
 今日、インタビューで会ったポーランドのピアニスト、グジェゴシュ・ニェムチュクは、カタカナで表記されると一応わかりやすく感じるが、一度聞いただけでは、日本人はなかなか覚えられない。
 そこで、愛称で呼ばれているという、「グレッグ」と書くことで了解を得た。
 グレッグは、2019年3月16日に銀座ヤマハホールで、3月23日にヤマハミュージック大阪なんば店でリサイタルを開く予定になっている。
 ブログラムはオール・ショパン。今日はリサイタルについて、生い立ち、ピアノとのかかわり、ショパンの音楽についてなど、さまざまな角度から話を聞いた。このインタビューは、「ヤマハ・ピアニストラウンジ(web)」、「ピアノの本」の両方に書き分けることになっている。
 グレッグはとても話好きなタイプで、ひとつの質問に対する答えがとても長い。一生懸命話してくれるため、途中で切るわけにもいかないが、時間は限られている。そこで、次々に質問の内容を変え、短く答えられるよう工夫を凝らし、さらに「ここはワンコメントでね」などと、さらりとこちらの意図を伝えたりした。
 それでも、内容が非常に興味深く、特にショパンに対する奏法、解釈、作品論に熱がこもった。
 ポーランド人だからショパンのことを聞かれるというのは当然と思われているようで、ことばを尽くして話してくれたが、子どものころはほとんどショパンを練習せず、他の作曲家の作品ばかり弾いていたそうだ。
 そのころの先生から「きっと大人になると生涯ショパンを弾くことになるだろうから、いまは他の作品を勉強する方がいい」といわれたそうだ。
「やっぱりそうなったよ」と笑っていた。
 彼の話でもっとも心惹かれたのは、ポロネーズとマズルカの弾き方と解釈。指で打鍵を示しながら、こまやかな説明をしてくれた。
 記事には、その詳細を綴りたいと思う。
 今日の写真はインタビューに応えるグレッグと、ピアノに向かっている姿、そしてサイト用にサインをしているところ。グレッグのサインは「著名なポーランドのピアニスト、ヤン・エキエルに似ているんだよ」とのことで、それが自慢のようだった。 

y3227_R.JPG

y3228_R.JPG

y3229_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:03 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス