ブログ

エリアス・ケッラー

 新たな才能との出会いは常に心が高揚するものだが、まだ11歳の“スーパーキッズピアニスト”となると、より強い感情が沸いてくる。
 思えば、キーシン、レーピン、ヴェンゲーロフの3人が出現してきたときは、世の中は大騒ぎだった。初来日のときの彼らの演奏は、まだ脳裏にしっかり焼き付いている。
 日本にも小林愛美や牛田智大という若き才能が登場し、ピアノ界は活性化したものだ。
 今日は、オーストリア出身のエリアス・ケッラー(2007年9月フィラッハ市生まれ)が初来日し、ドイツ文化センターでミニ・コンサートと記者会見を行った。
 プログラムはモーツァルト:メヌエット ト長調 KV1、モーツァルト:ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 KV283より第1楽章、シューベルト:即興曲 Op.90-4 D899、ラフマニノフ:プレリュード 嬰ハ短調、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第1番 Op.2-1より第2楽章、リスト:リゴレット・パラフレーズ。
 まだ身長は日本の小学生とそう変わらないが、筋肉質でがっちりした体型。全体に指の力も強く、小指の力強さが際立っている。リズム感もよく、音楽が勢いに満ちている。
 今日の演奏のなかでは、ベートーヴェンのソナタの第2楽章がもっとも印象に残った。
 記者会見では、初来日の様子を聞かれ、「日本にはずっとあこがれていて、ぜひ訪れてみたいと思っていた。もっと小さな国だと思っていたけど、東京はものすごく大きな都市で、カッコいい。クールだ! 異なる文化に触れることができてうれしい。食事も、何を食べてもものすごくおいしい。もっといろんなところを見たいし、いろんな体験をしたい」と、興味津々。
 記者会見終了後には、インタビューをすることができた。
 エリアスはコンクール歴が豊かだが、音楽ばかりではなく数学コンクールでも入賞し、現在は飛び級で年長の子どもたちと一緒に学んでいる。
「もちろん学校にいってさまざまな科目を学ぶのは大切だけど、ぼくにとっては音楽の勉強が一番。いまは学校の勉強に疑問を感じることもあるよ。学校のない日は5時間くらいピアノの練習している。でも、いつもピアノの前にいるわけではなく、サッカーやスキーも大好き」と屈託がない。
 きちんと相手の目を見てしっかり自分の意見をいうタイプで、音楽についての話題となると、いっそう雄弁になる。
「ごく幼いころは、楽器を習うなんて考えられなかった。でも、ぼくは好奇心が旺盛で、いつも何かに取り組んでいないと満足しない性格。6歳になったときに両親の勧めでピアノを始めたら、この楽器のとりこになってしまったんだ。それからはずっとピアノひと筋。いつも曲を弾くときは自分なりのストーリーを描き、音楽のなかに入り込んでいく。好きなピアニストも多く、ソコロフ、アルゲリッチ、ブロンフマン、ポリーニをはじめ、いろんな人のピアノを聴く。いつの日か、ぼくもそうした人の心に響く音楽を奏でるピアニストになりたい。指揮も大好きで、作曲も学んでいる。将来は幅広いことができるピアニストになりたい」
 エリアスは、演奏姿勢がとても美しい。背筋がビシッと伸び、上半身は微動だにしない。
「1年前に先生が変わったんだけど、その先生が姿勢を直してくれた。いまは全身の脱力が自然にできて、とても弾きやすくなったんだよ」
 エリアスは2019年9月27日にサントリーホールのブルーローズにおいて、アンサンブルハーモニー・ウィーンとコンサートを行う予定になっている。
 また、詳細が決まったら、紹介しますね。
 今日の写真は、キュートな笑顔のエリアス。「夢は、世界中のホールで演奏できるピアニストになること」だそうだ。数年後にはぐっと身長が伸びて、声も低くなり、がっしりした青年のピアニストに変貌するのではないだろうか。演奏の成長がひたすら楽しみである。

y3221_R.JPG

y3220_R.JPG


posted by 伊熊よし子 at 23:27 | アーティスト・クローズアップ

a tes souhaits アテスウェイ

 西荻はパンのおいしいお店が多く、パン激戦区だといわれているが、ケーキのおいしいお店もたくさんある。
 なかでも一番人気は、東京女子大の近くにあるアテスウェイである。ここは「東京一おいしい」ともいわれ、遠くからケーキを買うために駆け付ける人が多い。
 なんでも、多いときで80人ほどが列を作る。イチオシはモンブランで、開店とともに並んでいる人がみんなこれを購入するため、すぐに売り切れてしまう。
 場所は西荻と吉祥寺の中間。どちらの駅からもバスを利用し、東京女子大前で降りるとすぐである。
 けっして便利な場所ではないのに、朝から長蛇の列。男性客も多い。
 先日いったときは午後だったためか、20人くらい並んでいただけだった。もちろんモンブランはもうない。でも、あれこれ迷うくらい種類が多く、クロワッサンなどのパンもある。

y3217_R.JPG

 お店の隣には新しく「グラス エ ショコラ」というアイスクリームとチョコレートのお店もオープンし、こちらもケーキと同様にとてもおいしい。

y3218_R.JPG

 オーナーシェフの川村英樹さんはフランスのブルターニュで修行をした人で、くしゃみをしていたら、いつも仲間にアテスウェイ(願いごとがかないますように!」といわれたそうで、その粋なことばを店名にしたとか。
 とにかくどれを食べてもおいしく、ていねいに作られていて、行列するのがわかる。今度は、ぜひ朝から並んで、モンブランに挑戦してみたい。
 写真はアイスクリームとケーキ。アイスクリームはピスタチオとマロン。ケーキは洋なしのタルトと栗のパイ。

y3219_R.JPG

y3216_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:18 | 西荻はおいしい

単行本に集中

 いまは、2019年2月に出版予定の単行本(インタビュー集)の執筆に集中している。
 締め切りは2018年12月20日。200余ページの原稿を書き上げなくてはならず、まだその骨子を組み立てている最中だ。
 全体は35人のアーティストでまとめることになり、ラフレイアウトも仕上がった。
 それに合わせ、それぞれのアーティストの焦点をどこに置くか、タイトルはどうするか、全体の構成をいかなるものにするか詳細を詰めていかなくてはならない。
 この序奏の部分にかなり時間を要する。それが決まると、一気に進んでいくのだが、やはりクライマックスも欲しい。そしてフィナーレはどういう形にするかということも大切である。
 折しも、クラシックはシーズン真っただ中。来日ラッシュで、聴きたいコンサートは目白押しだ。だが、いまはがまんがまん。単行本に全精力を傾けなければ…。
 というわけで、いまは一日中、頭のなかが単行本のことでいっぱいだ。早く序奏を終えて第1楽章に入らないとね。
posted by 伊熊よし子 at 20:48 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス