ブログ

ロイヤル・ストックホルム・フィル&辻井伸行

 3月12日に指揮者のサカリ・オラモにインタビューし、今回のロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演について話を聞いたが、今日はその公演がサントリーホールで初日を迎えた。
 プログラムはスウェーデンの女性作曲家、ヘレーナ・ムンクテル(1852〜1919)の「交響的絵画《砕ける波》」からスタート。オーケストラが海や波を絵画的に表現する作品で、この曲を聴いただけでロイヤル・ストックホルム・フィルの現在の音楽の充実ぶりが理解できた。
 オーケストラは、指揮者によっていかようにも音楽が変化する。サカリ・オラモはこの1902年創立の「ノーベル賞のオーケストラ」として知られるロイヤル・ストックホルム・フィルの未知なる可能性を導き出し、それを存分に発揮できるよう尽力したようだ。
 マエストロは、インタビュー時に「今後は定期的に、このオーケストラとスウェーデンの女性作曲家の作品を紹介していきたいと思っている」と語っていた。今回のムンクテルはその第一歩である。
 次いで、辻井伸行がソリストに迎えられ、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」が演奏された。辻井伸行は、「皇帝」をさまざまな指揮者&オーケストラと共演を重ね、内容、奏法、表現、解釈を深めてきた。今日は存分に力が発揮できる指揮者&オーケストラとの共演とあって、演奏はみずみずしく、自由闊達で、のびやかだった。
 私は「皇帝」の第2楽章をこよなく愛しているが、今日の演奏もじっくりと味わい、その作品のすばらしさに新たな感動を得た。
 後半はチャイコフスキーの交響曲第5番が演奏された。
 終演後、楽屋で辻井さんに会い、「やっぱり《皇帝》の緩徐楽章は最高ですね」というと、「ホント、弾いていてぼくもあまりにも美しい旋律に感激してしまいます」といっていた。
 今日の写真は、終演後のワンショット。

y3139_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:33 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス