ブログ

ベンヤミン・アップル

 男性歌手の場合、多くの人がテノール・ファンである。テノールはオペラでは主役であり、王子や恋人や善人の役を担う。
 しかし、私はバリトン・ファンである。オペラにおいては、バリトンはあまり主役を与えられていない。主人公の相手役や悪役や目立たない役が多い。
 ただし、ドイツ・リートでは、バリトンに向いた作品が多く書かれている。
 そのリートを得意とする新たな才能が登場した。1982年、ドイツ・レーゲンスブルク生まれのベンヤミン・アップルだ。レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊でうたい、ミュンヘン音楽演劇学校を経て、ギルドホール音楽演劇学校で学んだバリトンで、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの最後の弟子として知られる。
 アップルは2010年ロンドンに移り、2014年から次々に新人賞にあたるさまざまな賞を受賞。ドイツ・リートを中心にオペラにも出演し、2017年ソニー・クラシカルと専属契約を結んだ。
 デビュー・アルバムは「魂の故郷〜シューベルト→ブリテン歌曲集」。シューベルト、レーガー、ヴォルフ、ブラームス、R.シュトラウス、プーランク、ブリテン、グリーグなど多彩な歌曲をしっとりと抑制の効いた低音でうたい上げている。
 先日、ベンヤミン・アップルにインタビューし、そのアルバムのこと、これまでの経緯、恩師のこと、家族のこと、今後の活動についてなど、さまざまな話を聞いた。
 来日してから、会った人がみな驚くのは、彼の身長の高さ。なんと196センチの長身である。私はテニスが好きなので海外のテニス選手の身長の高さをいつも耳にしているが、「なるほど、196センチってこんなに大きいものなのね」と実感。ただし、スリムなため、ものすごく威圧感があるというわけではない。
 オペラ歌手というと立派な体格の人を思い浮かべるが、彼は特有の美意識があるらしく、太らないようにしているそうだ。
 とても感じがいい人で、話をしている間、ずっとインタビュアーの目をまっすぐに見ている。ジョークも好きらしく、歌手になる前の銀行勤務だったときのことをおもしろおかしく話してくれた。
 いまはリートをしっかりうたう歌手が少なくなってきたとのことで、「私は絶対にこの道を極めたい。フィッシャー=ディースカウの教えを忠実に守りながら、自分なりのリートを作り上げたい」と熱く語っていた。
 バロック作品や古典的なオペラにも意欲的で、第2弾のアルバムは「バッハ:アリア名曲集」。ピリオド楽器使用のコンチェルト・ケルンとの共演である。
 このインタビューは、次号の「日経新聞」に書く予定である。
 ベンヤミンはこの日、新品の真っ白な革のスニーカーを履いていた。
「これ、日本にくるから特別に買ったんだよ。だって、メーカーはAXEL ARIGATOっていうんだもの」といった。アクセル・アリガトウ?? 早速、レコード会社の担当者のKさんが調べると、ありました、この名前が。ありがとうなんて、初めて知ったワ。ベンヤミンは「ねっ、あるでしょう、それだよ」とにやにやしていた。
 新たなバリトンの登場は、声楽界を活性化してくれる。彼は10月1日「NHK音楽祭」(NHKホール)でパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団と共演し、オルフ「カルミナ・プラーナ」に出演。12月2日には大阪城ホールで「サントリー1万人の第九」の第1部に出演する予定だ(佐渡裕指揮、マーラー:リュッケルト歌曲集、バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリー、キャンディードから)
 今日の写真は、インタビュー後のショット。「靴も写してね」といわれたため、1枚はありがとうのスニーカーを入れ、もう1枚は背の高さを表すため、ドーンと全身を入れました。とにかくデ、デカイ。 

y3201_R.JPG

y3200_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:24 | アーティスト・クローズアップ

ニューヨーク雑感

 ニューヨークを初めて訪れたのは、もういつのことだったろうか。
 最初は摩天楼に驚き、人々の忙しそうな足取りにもびっくりし、有名な建物の写真を一生懸命撮ったことを覚えている。
 自由の女神を見に行き、オペラやミュージカルを聴き、美術館巡りをし、ショッピングに胸躍らせたものだった。
 しかし、いまやそういう気持ちはまったくなくなり、仕事だけに集中するようになった。これは喜ぶべきことなのか、はたまた好奇心が失せたということなのだろうか。
 今回のニューヨーク出張は、ごく短期間だったこともあり、ほとんど仕事だけの日々だった。
 海外出張というのは、そういうものなのかもしれない。観光にきているわけではないし、家族や友人と一緒なわけでもない。一日中、仕事で頭がいっぱいだ。
 まだ雑誌が発刊されていないため、今回の取材内容は紹介することができないが、そんななか街を歩きながらニューヨークの日常を写し摂った。
 今回の取材はほとんどここで行われた。有名なカーネギーホールである。

y3197_R.JPG

 セントラルパークの脇の道路には、観光客向けの馬車が待機している。

y3195_R.JPG
 
 毎日、歩いていたのはこんなところ。摩天楼のまさにニューヨークならではの光景である。
 
y3196_R.JPG 
posted by 伊熊よし子 at 00:01 | 麗しき旅の記憶

ニュウニュウ

 中国出身の「神童」と称されたピアニスト、ニュウニュウ(牛牛)に初めて会ったのは、初来日の2009年のことだった。
 当時、12歳。11歳でCDデビューを果たし、破竹の勢いで階段を駆け上がっている時期だった。
 そのときは演奏も聴き、レコード会社のコンベンションの司会なども担当し、一緒に食事にも出かけたが、とても明るく元気いっぱいで、「神童」というよりはやんちゃな少年という感じだった。
 ところが、数年後に会ったときは身長がかなり伸び、自信に満ちた表情をしていた。
 そして今日、久しぶりに会ったニュウニュウは、180センチを越す長身の、立派な大人のピアニストに成長していた。現在21歳である。
「もうジュリアード音楽院を卒業したんですよ」
 こういって、今後は先生に頼らず自分で音楽を作っていかなくてはならないと、強い意志をのぞかせていた。
 ニュウニュウは2018年9月19日、「リスト:ピアノ・ソナタ〜ヴィルトゥオーゾ&ロマンティック・ピアノ作品集」(Decca ユニバーサル)をリリース。曲目は、幼いころから弾き込んでいるメンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」、もっとも好きだという作曲家、ショパンの即興曲第2番、第3番、ぜひ収録したかったというシューベルトの即興曲第3番、メインに据えたかったと語るリストのピアノ・ソナタと「ウィーンの夜会:シューベルトによるワルツ・カプリース第6番」という選曲である。
 今日は久しぶりの再会を喜び合い、インタビューは最初からスムーズに流れた。
 どんな質問にもていねいにことばを尽くして話してくれ、上達した英語で自身の感情、音楽に対する熱い思いを存分に表現した。このインタビューは、「東京新聞」の連載コラムに書く予定である。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。本当に大人になったよねえ。
 彼はとても礼儀正しく、思いやりがあり、ごく自然にふるまうため、会った人をみな魅了してしまう。
 2019年は日本ツアーを行うそうだ。

y3188_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:55 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス