ブログ

リヴァプールでビートルズの足跡を辿るC

 ビートルズの足跡を辿る 第4回目はジョージ・ハリソンの家の登場だ。

 174マケッツ・レーン
 ここはジョージ・ハリソン一家が1962年から1965年までを過ごした家である。ハリソン一家はリヴァプールで3回引っ越しをしているが、ここが3軒目の家にあたる。
 ジョージは12アーノルド・グローブにあるベッドムが2つの小さな家で生まれたが、両親と4人の子どもで暮らすにはやや窮屈だった。
 一家は1950年にスペック地区の24アプトン・グリーンに移り住んだ。同地区にはポール・マッカートニーも住んでおり、彼らは同じスクールバスで学校に通い、とても仲良くなった。
 しかし、ジョージの母親はスペック地区に落ち着こうとはせず、1962年にここに引っ越してきて、ファンが毎日押しかけてくるため、新しい家を探さざるを得なくなる1965年までの3年間暮らした。ファンの女の子たちはジョージの父親の靴下や下着まで、ジョージのものと勘違いして庭先から盗んでいった。
 やがて、ジョージはここから15マイルほど離れたワリントンに家族のための家を購入する。しかし、不運が続く。1970年、母親が脳腫瘍のために、1978年には父親が肺がんで、1985年には長兄ハロルドもまた肺がんで亡くなり、1997年にはジョージ自身も肺がんと診断される。
 1999年、暴漢マイケル・アブラハムがフライアーズ・パークの家に押し入り、ジョージと妻オリビアは襲われる。ジョージは何カ所も刺されたものの生き延びたが、2001年11月21日がんで亡くなる。ジョージの次兄ピーターも、また2007年がんで亡くなった。
 1964年2月9日、ビートルズはエド・サリバン・ショーに出演、その2週間後ジョージは21歳の誕生日を家族や友人たちとこの家で祝っている。郵便配達の人たちは、世界中のファンから届くカードと62箱ものプレゼントを必死で届けてくれたのである。
 翌日、ジョージは映画「ハード・デイズ・ナイト」の撮影のためにロンドンに向けて出発するが、その日の写真家によって撮影された写真を見ると、ジョージの顔には前日のパーティの疲れがありありと見てとれる。

y2067_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:54 | 麗しき旅の記憶

雑誌の打ち合わせ

 新しい雑誌や新聞の記事を書く場合は、事前に入念な打ち合わせが必要となる。
 先日、「GQ」の編集長である鈴木正文さんとお会いするために渋谷の編集部まで出向き、西脇義訓指揮デア・リング東京オーケストラの原稿に関して打ち合わせを行った。
 鈴木編集長はふだんクラシックをあまり聴く機会はないそうだが、「つい先ごろヴァディム・ホロデンコのピアノを聴いたんですよ」と、なにげなく話し始めた。
「えっ、ホロデンコを聴いたんですか」
 私はちょっとびっくりした。先日ブログに綴ったように、私もホロデンコの演奏を聴き、インタビューを行ったばかりだからである。
 しばし、その話題で盛り上がり、話は次第に世界のオーケストラ事情やオペラ界にまで広がり、1時間以上おじゃましてしまった。
 その後、懇意にしているプロモーション会社のHさんの事務所に寄り、ここでも少し打ち合わせを行った。
 この日は、日中38度くらい。青山通りを20分くらい歩いていたら、全身から汗が噴き出てきて、Hさんに会ったときは、もうビショビショ。
 冷たいお茶をいただき、しばしクールダウン。ここで一番癒されるのは、Hさんの愛犬ドリスのお迎え。いつも私が事務所に行くと、飛ぶように寄ってきて、ひっくり返っておなかかを見せ、親愛の情を示してくれる。
 ドリスの姿を見ただけで、暑さも疲れもどこかにいってしまい、しばらくじゃれあっていた。
 今日の写真は、そんな愛らしいドリスのひっくり返った様子。可愛いよねえ。

y3012_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 21:26 | 日々つづれ織り

上杉春雄

 今日は、久しぶりにピアニストであり医学博士でもある上杉春雄にインタビューで会うことができた。
 彼は2011年にJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」をリリースしており、リサイタルでもバッハを弾き続けている。
 今回完成させた録音は、「ゴールドベルク変奏曲」(オクタヴィア・レコード)。ライナーノーツも執筆し、そのなかでさまざまな角度からバッハを検証し、奥深い面に肉薄し、演奏とともにバッハを掘り下げている。
 今日のインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定になっている。
 話は、上杉春雄がこれまで探求してきたバッハ論から作曲家本人のこと、バッハの時代について、作品における構造について、バッハが「ゴールドベルク変奏曲」でいいたかったことまで多岐に渡り、約束の1時間をはるかに超える熱いインタビューとなった。
 彼の話は多角的で多方面に広がり、はてしなく続いていくように思われた。自分で「オタク」と表現していたが、バッハに関しても、非常に専門的で濃密な内容を内包している。
 こういう話をどのように原稿にまとめるか、非常に頭を悩ませるところである。読者にわかりやすいように、しかも上杉春雄の真意に沿って綴らなくてはならない。
 最後にブログ用に写真を撮ろうとしたら、すごく明朗で歓喜に満ちた表情をしてくれた。
「今日は、とても楽しく話ができたので…」
 話の内容は非常に真摯で深遠で難解な面もあったのに、「楽しかった」と笑顔を見せてくれたため、ホッと安堵した次第である。
 写真は、その楽しそうな表情。さて、また時間をかけてゆっくり「ゴールドベルク変奏曲」に耳を傾けるとしましょうか。

y3084_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:35 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス