ブログ

アレクセイ・ヴォロディン

 ロシア出身のアレクセイ・ヴォロディンは、私がずっとその奏法と表現力に魅了されているピアニストである。
 ロシア・ピアニズムの継承者として、楽器を豊かに鳴らし、歌心を大切にし、レガートが美しい。
 もっとも特筆すべきはその弱音で、クリアな響きを保持しながら緻密で繊細な弱音はホールの隅々までしっとりと浸透していく。
 今日は、紀尾井ホールに「紀尾井ホール室内管弦楽団 第112回定期公演」を聴きに行った。指揮は2017年4月に同オーケストラの首席指揮者に就任したウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネック。ソリストはヴォロディンである。
 プログラムは、まずハイドンの交響曲第49番「受難」が演奏され、次いでショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番が登場した。ピアノとともにソロを務めるトランペットは、古田俊博が担当。
 ヴォロディンはシニカルでクールな空気をまとう第1楽章、瞑想的なワルツの第2楽章、短く簡潔な第3楽章、アップテンポで疾走する第4楽章と、圧倒的な迫力と躍動感を示し、その奥に静謐な表現を潜ませ、オーケストラ、トランペットとの密度濃い音の対話を繰り広げた。
 後半は、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園が演奏された。
 今日は、終演後にヴォロディンのインタビューが組まれた。これは9月7日に紀尾井ホールで行われるリサイタルに向けて話を聞くためである。
 今回のリサイタルは「DEDICATION」と題され、同時代に活躍したシューマン、ショパン、リストがそれぞれ献呈し合った作品が組まれている。
 前半はシューマン(リスト編)「献呈」、シューマン「クライスレリアーナ」、後半はショパン「バラード第2番」、リスト「ピアノ・ソナタ ロ短調」という、とても興味深い構成である。
 ヴォロディンは、ヴィルサラーゼに師事しているため、彼女の得意なシューマンはもちろんのこと、ショパンもリストも長年弾き続けてきた作品だそうで、それぞれの作品に対する深い思い入れを語ってくれた。
 もっとも印象的だったのは、「どんなに長く演奏している作品でも、常に新たな作品に向き合う気持ちで演奏している」と明言したことである。
 これは、恩師のヴィルサラーゼと同じ考えで、私が彼女から聞いた印象に残ることばである。
 ヴォロディンは、いまや世界各地から招聘があとを絶たない人気と実力を兼ね備えたピアニストとなった。今秋のリサイタルがひたすら楽しみである。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。公演評は「公明新聞」に、インタビュー記事は「東京新聞」に書く予定にしている。

y4011_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:33 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス