ブログ

ウラディーミル・アシュケナージ

 アシュケナージには、何度インタビューを行ってきただろうか。
 私が「ショパン」にいた時代にはいろいろ喧嘩もし、いろんな確執もあり、ショパン・コンクールの審査員を務めていた彼にインタビューを申し込んだところ、逃げ腰になられたこともある。
 やがて何度も取材を重ねているうちに、表情がやわらかくなり、いまではいろんなことを率直に話してくれるようになった。
 ただし、アシュケナージは「音楽のことは話さないよ。私はすべてを演奏で表しているから」というのがモットー。それでは記事が書けないため、私はいつもしつこく食い下がることになる。
 先日、ウィーン&グラフェネックから早朝に帰国し、その日の午後にインタビューが組まれていた。成田から大急ぎで自宅に戻り、スーツケースを置いて顔を洗い、軽くランチを食べ、着替えてアシュケナージが滞在しているホテルに駆け付けた。
 アシュケナージは、今秋アイスランド交響楽団とともに来日ツアーを行う(11月3日、8日、16日)。ソリストは辻井伸行である。その話を聞くためのインタビューである(家庭画報)。
 いつもながら音楽の話はせずに、さまざまな方面に話題が広がっていく。夫人も同席し、半分以上は彼女が質問に答えてくれた。
 ただし、辻井伸行に関しては、大いに口がなめらかだった。アシュケナージは、辻井さんの話題になると、表情がとても柔和になる。「NOBUはいいピアニストだよねえ、性格もいいし。あんなに純粋に音楽と向き合っている人は、近ごろ珍しいんじゃないの」といっていた。
 夫人も、「そうそう、そうなのよ。いつも私はその真摯な姿勢に感動してしまうわ」と話していた。
 アイスランド交響楽団との共演で、辻井伸行はショパンのピアノ協奏曲第2番と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏する。両曲とも、ピアニストとしてのアシュケナージが得意とするコンチェルトである。どんなコラボレーションが生まれるのか、興味は尽きない。
 今日の写真は、インタビュー中のアシュケナージ。おかしかったのは、撮影のときにカメラマンが「笑顔ください」といったら、「私は笑わない。ここで笑ったら変だろう。笑わないよ」と、かたくなに笑顔を見せなかった。やっぱり、難しい人だよね。

y4000_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:17 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス