ブログ

リヴァプールでビートルズの足跡を辿る B

 リヴァプールのビートルズ第3弾は、リンゴの家の紹介である。

「マドリン・ストリート」
 こちらはリンゴ・スターの誕生した家であり、両親が離婚する3歳まで住んでいた。彼の父は離婚後、親の住む59番の実家へ戻った。じきに再婚した父はクルーへ引っ越し、その後リンゴにはニ度と会うことはなかった。
 リンゴは母のエルシーとアドミラル・グローヴへ引っ越し、1963年まで同じ家に住む。この家は生家のすぐ近くにあり、印象的な建物となっている。
 リンゴは子どものころから病気にかかることが多く、7歳で虫垂炎を経験している。13歳のころには結核に苦しんだ。リンゴの母はバーで働くと同時に角にあるパブで掃除の仕事をしていた。のちにハリー・グレーブスと出会い、結婚する。ハリーは入院していた病院を出るなりリンゴに初のドラムセットをプレゼントした。
 リンゴはこの角にある「ザ・エンプレス」というパブをファーストアルバムのカバーに使う。こちらのエリアではいくつかの道路が壊される計画があったが、長期に渡るデモのおかげでリンゴの家のほか117軒が無事に残された。

y2082_R.JPG 

「アドミラル・グローヴ」
 リンゴの母はこの10番に住んでいた。しかし、1964年の夏にリンゴのファンが押し寄せ、引っ越しせざるをえなくなる。ファンの熱狂ぶりはビートルズマニアと呼ばれた。リンゴの思い出の多くはこの家のものであり、80人も参加した21歳の誕生日会さえこの家で開かれた。彼の大切な思い出はすべてこの家で生まれ、先ほどの生家ではない。
 1963年12月7日、ビートルズがリヴァプールの中心にある「エンパイア・シアター」で公演した日が、リンゴにとってこの家で過ごす最後の夜となった。翌日、家を出るときの写真が残っている。リンゴは以前、「ローリー・ストーム」や「ザ・ハリケーンズ」といったバンドのメンバーだった。ビートルズに参加を頼まれていたが、参加を決めたのはビートルズがレコード会社との契約に成功してからのことだった。

y2081_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 22:31 | 麗しき旅の記憶

ウラディーミル・アシュケナージ

 アシュケナージには、何度インタビューを行ってきただろうか。
 私が「ショパン」にいた時代にはいろいろ喧嘩もし、いろんな確執もあり、ショパン・コンクールの審査員を務めていた彼にインタビューを申し込んだところ、逃げ腰になられたこともある。
 やがて何度も取材を重ねているうちに、表情がやわらかくなり、いまではいろんなことを率直に話してくれるようになった。
 ただし、アシュケナージは「音楽のことは話さないよ。私はすべてを演奏で表しているから」というのがモットー。それでは記事が書けないため、私はいつもしつこく食い下がることになる。
 先日、ウィーン&グラフェネックから早朝に帰国し、その日の午後にインタビューが組まれていた。成田から大急ぎで自宅に戻り、スーツケースを置いて顔を洗い、軽くランチを食べ、着替えてアシュケナージが滞在しているホテルに駆け付けた。
 アシュケナージは、今秋アイスランド交響楽団とともに来日ツアーを行う(11月3日、8日、16日)。ソリストは辻井伸行である。その話を聞くためのインタビューである(家庭画報)。
 いつもながら音楽の話はせずに、さまざまな方面に話題が広がっていく。夫人も同席し、半分以上は彼女が質問に答えてくれた。
 ただし、辻井伸行に関しては、大いに口がなめらかだった。アシュケナージは、辻井さんの話題になると、表情がとても柔和になる。「NOBUはいいピアニストだよねえ、性格もいいし。あんなに純粋に音楽と向き合っている人は、近ごろ珍しいんじゃないの」といっていた。
 夫人も、「そうそう、そうなのよ。いつも私はその真摯な姿勢に感動してしまうわ」と話していた。
 アイスランド交響楽団との共演で、辻井伸行はショパンのピアノ協奏曲第2番と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏する。両曲とも、ピアニストとしてのアシュケナージが得意とするコンチェルトである。どんなコラボレーションが生まれるのか、興味は尽きない。
 今日の写真は、インタビュー中のアシュケナージ。おかしかったのは、撮影のときにカメラマンが「笑顔ください」といったら、「私は笑わない。ここで笑ったら変だろう。笑わないよ」と、かたくなに笑顔を見せなかった。やっぱり、難しい人だよね。

y4000_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:17 | 情報・特急便

イワシのしょうが煮

 圧力なべというのは、忙しいときにとても便利な代物である。
 私はイタリアのラゴスティーナを愛用しているが、もういくつ目になるだろうか。
 大きなお肉のかたまりも、堅いお魚の骨も、お豆や昆布の煮物も瞬時に柔らかくなり、これひとつで面倒なお料理が短時間で仕上がる。
 新鮮なイワシが手に入ったときは、まとめてしょうが煮を作っておく。これは日持ちするし、主菜が足りない感じのときにも大いに役立つ。
 まず、4人前としてイワシを中15尾ほど用意する。以前は、圧力なべを使用するため、頭と内臓だけを除き、中骨は残して調理していた。その方がカルシウムが丸ごと摂れていいと思ったからだ。
 だが、中骨も尾も取って三枚におろしてから調理すると、食べるときにとてもおだやかな味になることがわかった。以来、その方法で作っている。
 イワシは三枚におろし、薄い塩水でさっと洗い、圧力なべにきれいに並べる。かぶるくらいの湯と酢大さじ1を加え、ふたを閉める。なべを強火にかけ、シューッといったら弱火にして10分煮る。
 小レバーを立てて蒸気を完全に抜き、ふたをあけ、イワシを崩さないように取り出す。
 からにした圧力なべに再びイワシを並べ、酒3分の2カップ、しょうゆ3分の1カップ、砂糖大さじ1弱、みりん4分の1カップ、水2分の1カップとしょうがの千切りひとかけ分と梅干し大2個分をちぎったものを加え、ふたを閉める。強火にかけ、シューッといったら弱火にして10分煮る。
 前の方法と同様に蒸気を抜き、ふたをあけてイワシを取り出す。
 お皿に盛って、本わさびのすりおろしをトッピングすれば出来上がり。
 これは先日、松本の友人Tちゃんからいただいた本わさびを使いたくて試したレシピ。
 写真は出来立てのイワシのしょうが煮。ふつうはしょうがと梅の味で十分イワシの生臭みは消えるが、本わさびを添えると、料亭のような上品な味わいに仕上がる。ぜひ、お試しを。

y4004_R.JPG

 
 
posted by 伊熊よし子 at 21:45 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス