ブログ

安曇野のみずみずしい野菜

 松本に住む友人のTちゃんが、みずみずしい安曇野の野菜を送ってくれた。
 いつものことだが、箱を開けた途端、安曇野の空気がふんわりとただよってくるようで、しばし野菜をボーっと眺めてしまう。
 今回は、ロメインレタス、ラディッシュ、トマト、春菊、本わさび、アスパラガス、紫アスパラガスが入っていた。
 う〜ん、見事な色合い、すばらしく新鮮な香り、山の空気を全身にまとう思いにとらわれる。
 本わさびには、特別に説明書が付いていた。
〜すりおろし方〜
 茎を取り、上部の方からなるべく目のこまかいおろし器を使っておろすと、風味、辛味、色味が良いです。
〜保存方法〜
 残ったわさびは水道水で濡らしたキッチンペーパーで包み、密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。約1カ月もちます。表面が黒ずんできますが、薄く皮をむけば大丈夫です。
〜おいしい食べ方〜
 お刺身、お肉、お蕎麦はもちろん、バニラアイスにのせたり、クリームチーズと混ぜても美味。温かいごはんにかつおぶしとおしをょうゆとでわさび丼にしたり、マヨネーズと混ぜても良いです。

 この説明書を読み、そうか、こんな食べ方があったのね、と改めて本わさびの魅力を知った。
 安曇野の冷涼な空気と清涼な水で育った本わさびは、見事なまでにどっしりとした物で、東京ではなかなかお目にかかれない貴重な逸品としてある種の存在感を放っている。
 さて、今日はどんなお料理に挑戦しようかな。Tちゃん、ありがとう。仕事の疲れが一気に飛んでいくよ〜(笑)。

y3100_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 17:04 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス