ブログ

ベルリンのデヴィッド・ボウイ

 今回のベルリン出張では、ほとんどフィルハーモニーの内部とその周辺にいたため、いろんなところを見て歩くことはなかった。
 そのなかでひとつ、興味深いことがあった。
 食事のときにふと私がデヴィッド・ボウイのファンだったと話すと、現地のコーディネーターのAさんが、「サプライズがあります」といって、あるところに連れていってくれた。
 そこはベルリンのハンザ・スタジオという有名なスタジオで、ハンザ・レコードの元で経営されていた。1977年から1982年まで、デヴィッド・ボウイがここでレコーディングをしていたというのである。
 建物は堅牢な石造りで、なんと入口にはボウイの写真が飾ってあるではないか。この写真、見る角度によっていろんな表情に様変わりするという代物。

Y3062_R.JPG

「えーっ、ここでデヴィッド・ボウイが録音していたの。すご〜い、貴重な場所ですねえ」と、私は狂喜乱舞の様子を隠せなかった。
 Aさんは、内部もちらっと案内してくれ、私たちはその建物のなかにあるイタリアン・レストランでランチをいただいた。
 みんなが「ここでボウイも食事をしたかもしれませんよ」とあおるため、私はかなりの興奮状態。おいしいホワイトアスパラガスが、なおいっそう美味に感じられた。
 今日の写真は、そのスタジオの入口。確かに、ボウイはここにいたんだよね。

Y3063_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:58 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス