ブログ

フローリアン・ノアック

 新たな才能に出会えるのは、望外の喜びである。
 先日、1990年ブリュッセル生まれの若きピアニスト、フローリアン・ノアックにインタビューを行った。彼は「ある旅人のアルバム」をリリースしたばかり(キングインターナショナル)。
 このアルバムは、世界各地のさまざまな民俗音楽からインスピレーションを得た作曲家の作品で構成されている。ノアックは編曲家でもあり、いくつかの作品は超絶技巧を生かした編曲が施され、オーケストラ作品のような変貌を遂げたり、原曲のよさを生かしながらも異なる空気を孕む作品に変容したり…。
 ノアックは12歳からエリーザベト王妃音楽大学の天才児養成コースで学んでおり、その後さまざまな師から教えを受けている。
 いまは編曲家としても名が知られ、ベレゾフスキー、バシキーロフ、カツァリスから編曲作品の依頼があるという。
 音源を聴いたときは、ものすごくこだわりの強い「オタク」的な人なのかと思ったが、実際に会ってみると、実にフランクで人なつこく、どんな質問にもことばを尽くしてじっくり話してくれるナイスガイだった。
 このインタビューは「intoxicate」に書く予定になっている。

y3090_R.JPG

 音楽に対する考えがとてもユニークで、話もおもしろく、とても感じがいい。編曲の話を詳しく聞いていたら、「いま書いているのは、これだよ」と楽譜を見せてくれた。
 その楽譜は見事なまでに美しく、整然とした音符が並んでおり、きれいな譜面に驚かされた。

y3092_R.JPG

 今回の来日は1回のリサイタルだけで、なんと1泊の東京滞在。でも、インタビュー後の数時間は自由時間に当てるそうで、「これから福間洸太朗くんと遊びに行く」といっていた。次回はぜひ、ゆっくり滞在してほしいものだ。

 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:09 | クラシックを愛す

栗原麻樹

 昨日は銀座ヤマハの別館で、ピアニスト栗原麻樹のインタビューを行った。
 彼女は長年に渡ってフランスで学び、さまざまな国際コンクールで受賞歴がある。
 7月8日にはヤマハホールでリサイタルを開き、前半にプーランク、ラヴェルの作品を置き、後半にムソルグスキーの「展覧会の絵」をもってくるプログラムを組んでいる。
 そのリサイタルに先駆けてのインタビューで、ヤマハWEB「ピアニストラウンジ」で記事を展開する予定である。
 栗原麻樹は多くの実力派ピアニストに師事しているが、プーランクの弟子にあたるガブリエ・タッキーノに師事していることから、プーランクの孫弟子にあたる。
 それゆえ、今回はプーランクの「夜想曲」より第1番・第2番・第7番からスタートし、「主題と変奏」へとつなげる。「プーランクはけっしてもやもやしたあいまいな世界ではなく、クリアで凛とした空気がただよう」と明確なプーランク論を熱く語っていた。
 そして、「もっとプーランクの音楽を広めたい」と話した。
 初めて会ったとは思えないほど幅広いことに関して雄弁に語ってくれ、和気あいあいとしたインタビューとなった。
 話のなかで、フランスの音楽に宿るユーモア、ウイット、エスプリの表現について、「これは日本語でいい表すのがとても難しい」ということで意見が一致した。もっと時間があれば、この「エスプリ」に関して、フランスに12年間暮らした彼女の意見を聞きたいと思った。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。
y3091_R.JPG

 この後、サントリーホールに移動し、ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィル(ソリスト・三浦文彰、辻井伸行)のコンサートを聴いた。2月に現地で聴いたペトレンコ指揮リヴァプール・フィルと辻井伸行の演奏がなつかしく思い出され、有意義なひとときを過ごすことができた。
posted by 伊熊よし子 at 23:38 | 情報・特急便

ベルリンで出会った犬たち

 私は猫も大好きだが、犬にも目がない。今回、ベルリンではたくさんの犬たちに出会った。
 アーティストの撮影をした公園で、食事に行くときに歩いていた道路で、そしてホテルのそばの広場で…。
 驚いたことに、それぞれの犬が非常に人懐こく、しかもリードなしで散歩している犬が多い。リードでつながれていないから非常に自由で、スタスタと気ままに歩いている。
 ベルリンでは、リードなしの犬はふつうなのだろうか。「この子の飼い主はだれだろう」と周りを見ても、ほとんどの場合、よくわからなかった。それだけ、犬は飼い主から離れているということなのだろう。
 写真を撮ったのは4匹のワンちゃんだが、この他にもたくさんの犬が私の目を楽しませてくれた。
 海外取材は、たいていの場合とてもスケジュールがタイトで心身ともに疲弊するが、ワンちゃんを見つけると、しばし心が安らぐ。
 今日の写真は、ベルリンで私の心の癒しとなった愛しのワンちゃんたち。

Y3057_R.JPG

Y3056_R.JPG

Y3064_R.JPG

Y3068_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:14 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス