ブログ

クラウス・フロリアン・フォークト

 昨日は、「東京・春・音楽祭」の「東京春祭ワーグナー・シリーズvol.9」『ローエングリン』を聴きに、東京文化会館に出かけた。
 今回の主役、タイトルロールを歌うのは、クラウス・フロリアン・フォークトだ。
 昨年9月、フォークトはバイエルン国立歌劇場日本公演でワーグナーの『タンホイザー』のタイトルロールを歌い絶賛されたが、その来日時にインタビューを行い、今回の『ローエングリン』について話を聞いた。
 インタビュー・アーカイヴ第77回はそのフォークトの登場。

ワーグナーを歌い終えた後の達成感は最高です

「ぶらあぼ」2018年1月号

 2017年9月、バイエルン国立歌劇場来日公演で、ドイツの偉大なヘルデン・テノール、クラウス・フロリアン・フォークトはワーグナー『タンホイザー』のタイトルロールを歌い、絶賛された。そのフォークトの次なる日本公演は、2018年3月〜4月の「東京・春・音楽祭」のワーグナー『ローエングリン』のタイトルロール。東京春祭ワーグナー・シリーズのVol.9にあたり、全3幕ドイツ語上演、演奏会形式で、約4時間30分(休憩2回含む)におよぶ。
「オペラの演奏会形式というスタイルは、演出や舞台装置がない分、音楽に集中できます。視覚的要素がありませんから、自分ですべてを作り出していかなければなりません。『ローエングリン』という人物を自分なりの方法で表現し、説得力をもって聴衆に伝えていかなくてはならないのです。でも、そこにはとても自由な裁量が可能となり、私自身はやりがいがあると感じています。音楽がすべてですから、歌に全面的に集中し、『ローエングリン』という役柄を感じ取ってほしいと思います」
 フォークトはこれまで何度も大きな舞台で『ローエングリン』を歌っている。最初にこの役を歌ったのは、2002年ドイツのエアフルト歌劇場だった。ほどなく同役で国際的な評価を得、06年メトロポリタン歌劇場、07年ミラノ・スカラ座、08年ウィーン国立歌劇場、11年バイロイト音楽祭へと歩みを進めている。
「それぞれの公演は演出がまったく異なり、メトロポリタンではローエングリンがつかみどころのない、人工的な人物として描かれました。スカラ座では確固たる構造の演出で、美的な物語となっていました。バイロイトでは近づきがたい人物として演じることになり、私自身新たな発見が数多くありました。いずれの舞台も、歌唱と演技と表現力と解釈などすべてを自分のなかで咀嚼し、その場に合わせたローエングリン像を作り出さねばなりません。それは大変なことですが、また楽しみでもあります。歌うごとに自分のなかで新たなローエングリンが生まれるからです」
 ワーグナーを歌うのは大きな喜びであり、歌い終わった後の達成感は最高だと語る。
「ワーグナーを歌うのはテノールにとってとても名誉なことであり、また常に挑戦を強いられます。歌唱法、表現力、演技力、そして歌詞の発音など、すべてにおいて完璧を求められるからです。『ローエングリン』を初めて歌ったのは15年前ですが、最初はフィナーレまでどうしたら最高の声を維持できるかがわからず、苦労しました。でも、指揮者や演出家が自由に歌わせてくれたため、ひとつひとつの本番で学ぶことができました。いまは、15年前より表現力が増したと感じていますし、作品により近づくことができたと思っています」
 毎回毎回が勝負だという。1回の舞台に全身全霊を傾け、2度と同じ歌は歌えないと。
「そこがオペラの醍醐味ではないでしょうか。生きた音楽、ナマの声、その場だけの臨場感あふれる舞台。そこで私は完全燃焼するわけです。どんな役でもその気持ちは変わりません。役になりきるために周到な準備を怠りませんが、その日の気分や調子で少しずつ表現や歌が変わる。それを楽しんでいるわけです」
 今回、共演する指揮者のウルフ・シルマーとは気心に知れた仲である。
「シルマーさんとはオペレッタで共演し、録音もしています。とても気持ちよく仕事ができましたし、すばらしい体験でした。彼は集中して正確な仕事をする人ですから、信頼感が生まれます。久しぶりに日本で共演するのが、とても楽しみです」
 フォークトは「東京春祭 歌曲シリーズ」の2回のリサイタルにも登場し、ドイツ・リートやオペレッタを歌う。1回目はハイドン、ブラームス、マーラー、R.シュトラウスの歌曲を、2回目は妻であるシルヴィア・グルーガーを迎え、リートからミュージカル『ウエスト・サイド物語』までをデュエットやソロで聴かせる。
「さまざまな歌曲を歌います。長年歌い込んできた曲ばかりです。私はいま、シューベルトの『冬の旅』を歌う準備に入っています。オペラではワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』が視野に入ってきています。ただし、もう少し時間が必要です。まずは、新たな『ローエングリン』を聴いていただきたいと思います」

 まさに昨日の『ローエングリン』は、フォークトの新たな魅力が全開したステージだった。声量も増し、役柄に対する洞察力も深くなり、長丁場のステージを一瞬たりとも弛緩することなく、緊迫感と集中力と情熱が支配する圧巻の演奏だった。
 4月8日には、もう1公演行われる。フォークトは先日のリート・リサイタルでもそうだったが、すべて完全暗譜で、聴き手に語りかけるように、訴えかけるようにうたう。抑制された演技も加わり、まさしくプロフェッショナルという姿勢を貫く。またしても、ヘルデン・テノールの醍醐味を満喫した一夜となった。
 今日の写真は、その雑誌の一部。

y3028_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:29 | インタビュー・アーカイヴ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス