ブログ

ピョートル・アンデルシェフスキ

 今春は、実力と人気を兼ね備えたピアニストの来日が相次いでいる。
 今日は、ピョートル・アンデルシェフスキのインタビューのため、レコード会社に出かけた。
 アンデルシェフスキには何度かインタビューを行っているが、質問を吟味しないと、なかなかいい答えを引き出すことができない難しいアーティストである。だが、興味のある話題になると、一気に雄弁になる。
 今回は「intoxicate」と私のHPの「音楽を語ろうよ」と、新聞などに記事を書き分けするため、あらゆる方面からの質問を試みた。
 以前、彼は子ども時代のことを聞くと、練習嫌いだったことをおもしろおかしく語ってくれたため、それがとても印象に残っていた。今回も、子ども時代のこと、師事した先生の教え、リーズ国際コンクールを受けたときのこと、バッハとの邂逅、そして新譜のモーツァルトのピアノ協奏曲第25番、第27番(ワーナー)に関することまで、さまざまなことを語ってもらった。
 アンデルシェフスキは、このモーツァルトでヨーロッパ室内管弦楽団を弾き振りしている。その指揮も、彼らしく、完璧主義を目指すために行っていることがわかった。
 モーツァルトのピアノ協奏曲の録音は、もっと続けていきたいという。
「でも、昨今の録音事情はとてもきびしく、なかなか希望通りにはいかない。でも、あと1枚は作りたいんだよね」といっていた。
 アンデルシェフスキは、最近J.S.バッハの演奏を集中的に行っている。実は、以前のインタビューで、「イギリス組曲」を弾こうと思っていると話したため、私が「イギリス組曲は第3番がものすごく好きなんです。ぜひ、第3番を弾いてください」というと、ニヤッと笑って「じゃ、第3番はやめようっと」といった。
 ところが、来日公演でも、録音でも、第3番がしっかり入っていた。
「あのとき、第3番はやめようといっていたのに、演奏してくれましたよね」
「そんなこといったっけ。あれから第3番はいろんなところで弾いているよ。もうすぐヨーロッパ公演でも弾くよ。聴きにきたら」
 これだもんね。なんとも、シニカルというか、ブラックジョークが好きというか…。そういいながら、またニヤッと笑っていた。
 今日のインタビューで、また新たなアンデルシェフスキの側面がのぞいた。録音に関する姿勢である。ソロの場合は、完璧を目指して何度もテイクを録り直すことは可能だが、オーケストラとの共演では、限りがある。それとうまく折り合いを付けなければならないことを学んだそうだ。
 今日の写真は、ボソボソとシャイな表情で話すアンデルシェフスキ。
 でも、11歳から師事した2番目の先生に、あまりにも練習してこないため「きみはもうピアノをやめなさい!」といわれたという話のときは、自虐的な笑いを見せた。その話に反応して、私が「ギャーッ」と大笑いしたため、それに合わせて彼自身もケラケラ笑っていた。
 そのいきさつは、記事でじっくり紹介したいと思う。

y2102_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:01 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス