ブログ

三浦文彰&イタマール・ゴラン

 若手ヴァイオリニスト、三浦文彰は、演奏を聴くたびにぐんぐん成長していく。
 今日は、紀尾井ホールに「三浦文彰 リサイタル・ツアー2018」の一夜を聴きにいった。共演は、ヴァイオリストとの共演にはこの人、と定評のあるイタマール・ゴラン。
 この日本ツアーは2月24日から開始し、3月11日まで全国で12公演が組まれている。プログラムは2種類あり、今日はAプロで、前半にベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第6番とブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」、後半にR.シュトラウスのヴァイオリン・ソナタ変ホ長調が演奏された。
 三浦文彰の演奏は、つい先ごろも辻井伸行との共演を聴いたばかりだが、今日も冒頭から特有ののびやかで流麗な弦の響きが全開、そこに名手ゴランのピアノが加わると、上質なデュオが生まれ出る。
 とりわけ後半のR.シュトラウスのソナタが印象的で、三浦文彰の音楽は馨しい歌が横溢し、華麗で甘美。一方、ゴランのピアノはすこぶるオペラティック。特に第2楽章のアンダンテ・カンタービレの部分は、ピアノがR.シュトラウスならではの官能的で妖艶なオペラをうたい上げ、ヴァイオリンの華麗な響きをピアニスティックに装飾していった。
 なんと幻想的な世界だろうか。R.シュトラウスはいわゆる大人の音楽である。上質な旋律と滔々と流れるような粋なリズムに心が高揚していく。
 終演後、久しぶりにゴランに会い、「いやあ、しばらく〜」といわれた。
 今日の写真はツーショット。このふたり、本当に仲がいい。
 三浦文彰は、いつもヨーロッパにいくと、パリのゴランの家に泊めてもらい、そこから各地に演奏に出かけていくそうだ。

y2098_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:54 | クラシックを愛す

伊藤京子

 昨日は、「別府アルゲリッチ音楽祭」の総合プロデューサーでピアニストの伊藤京子に会い、第20回記念の音楽祭の内容や抱負、プログラムの詳細などの話を聞いた。
 このインタビューは、「ぶらあぼ」の5月号(4月18日発売)に掲載されることになっている。
 今回の音楽祭は先日の記者会見の記事にも記したが、5月6日から6月8日まで開催される。テーマは「ローマから大分への道〜音楽が結ぶもの」で、さまざまな種類のコンサートが組まれている。
 昨年の第19回の音楽祭では、マルタ・アルゲリッチと小沢征爾&水戸室内管弦楽団の夢の共演が実現し、その模様がDVDに収録された(5月6日発売)。
 まだ時間がなくてゆっくり観ていないため、内容を紹介することはできないが、いずれ時間を作ってじっくり観たいと思っている。
 伊藤さんの話では、昨年2月7日に公開した「OITA PEACE SYMPHONY」と題した音楽祭のPR動画が、1カ月で160万回を突破したそうで、アルゲリッチをとりこにした大分が育んだ西洋文化、クラシック音楽にのせて世界へ平和をアピールするという音楽祭のポリシーが、世界中へと発信された。
 今年もその基本姿勢を貫き、より内容が豊かになり、ひとりでも多くの人が大分に足を運んでくれるよう、音楽祭としては5月開幕に向けて猛ダッシュをかけているようだ。
 今日の写真は、インタビュー中の伊藤さん。いつ会っても、常に温泉に入っているからか、肌がピカピカ。広報担当のMさんも同様で、素肌美人。いいよねえ、毎日あんなすばらしい温泉に入れるなんて。私も以前おじゃましたことがあるが、大分の温泉は身も心も癒される感じ。
 加えて、食べ物もおいしいし、人々の気質もおだやか。
「別府アルゲリッチ音楽祭」は、アルゲリッチがこの地に惚れ込み、関係者や聴衆や町の人々に支えられて20周年を迎えることになった。さあ、もうすぐメモリアルイヤーの音楽祭の開幕である。

y2097_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:16 | 日々つづれ織り

出張の多い年

 2018年は、年開けから国内外の出張が相次いでいる。
 今日は、雑誌の編集担当のSさんと今後の出張の打ち合わせを行い、特集や連載のページに関してじっくりと話し合った。
 ふたりで話しているうちに、いろいろなことが重なり、なんだかパズルをしているような気分になってきた。
「もう一度、スケジュールを順序立てて整理してみますね。ちょっと混乱してきましたので。日時と場所をしっかり組み立ててみます」
 こういわれ、私もわかっているところからノートに書き込み、頭を整理することにした。
 重なるときは重なるもので、またすぐ目の前に出張が迫ってくる感じだ。
 そうなると、原稿を早め早めに書かなくてはならないため、いつも追われている感じになってしまう。唯一の息抜きは、お料理だ。
 いまは、早春ならではの食材が八百屋さんにも魚屋さんにもたくさん並んでいる。ああ、ゆっくりおいしいものを作りたいなあ〜。
posted by 伊熊よし子 at 23:17 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス