ブログ

小林愛実

 若きピアニスト、小林愛実とは、彼女が14歳で旧EMIレーベルからデビューしたときからのお付き合いである。
 このときにライナーノーツを担当し、デビューに関するさまざまなイヴェントで対談を行ったり、取材やインタビューを担当した。
 その後もずっとお付き合いが続き、この4月4日にワーナークラシックス、インターナショナル契約による第1弾「ニュー・ステージ〜リスト&ショパンを弾く」のライナーも担当することになった。
 今日は、その新譜に関して、レコード会社の担当者ふたりとランチミーティングを行った。
 小林愛実の近況、今後の展開、活動の様子などを話し合い、私もできる限り情報を集め、今後いかなるサポートができるかを考えた。
 この新譜は、小林愛実の「いま」を映し出している。ショパンのピアノ・ソナタ第2番、リストの「ペトラルカのソネット」第47番、第104番、第123番、リストの「ダンテを読んで」、リストの「愛の夢」第3番という構成である。
 3月には彼女が帰国するため、雑誌のインタビューも予定されている。
 さて、そこではどんな話を聞くことができるだろうか。久しぶりに会っていろんな話をしたいと思う。
 今日の写真は、新譜のジャケット写真。大人っぽくなったよねえ。

y2085_R.jpg
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 21:48 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス