ブログ

ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプールフィルハーモニー管弦楽団

 今回、リヴァプールで取材したヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプールフィルは、2015年1月に来日し、辻井伸行をソリストに向かえて日本ツアーを行ったが、2018年5月に再来日することになっている。
 2018年5月11日(大宮ソニックシティ 大ホール)、5月16日(Bunkamura オーチャードホール)では、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、チャイコフスキーの交響曲第4番というプログラムが組まれている。
 リヴァプールでは、このラフマニノフのコンチェルトとグリーグのピアノ協奏曲の録音が行われた。
 2月3日にはリハーサルと録音セッションが行われ、4日にはコンサートと録音が行われるというタイトなスケジュール。
 最終日にインタビューをした辻井伸行は、「ずっと集中力を保つのがとても大変でした」と語った。
 録音の合間にはマエストロ・ペトレンコにも話を聞いた。以前の来日時にもとても感じがいい人だったが、今回もより雄弁にいろんなことを語ってくれ、その過密スケジュールに驚かされた。
「家庭画報」の連載記事では、ふたりのインタビューをたっぷり盛り込んでいきたいと思っている。
 今日の写真は、インタビューに応じる辻井伸行とヴァシリー・ペトレンコ。 

Y2046_R.JPG

y2060_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 21:42 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス