ブログ

辻井伸行

 今日はオーチャードホールに辻井伸行のコンサートを聴きにいった。
 角田鋼亮指揮東京フィルとの共演で、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」とグリーグのピアノ協奏曲というプログラムである。
 コンチェルトの前に、まず、メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟」が演奏され、前半にラフマニノフ、後半にグリーグが演奏された。
 この2曲のコンチェルトは、2月初旬に行われるヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルとのイギリス・ツアーの曲目で、5月には彼らの来日公演でも共演が組まれている。
 辻井伸行の集中力に満ちた演奏は常に聴き手の心をとらえるが、オーチャードホールのステージには大きなスクリーンが設けられ、彼の指のアップが写されていたため、その動きがよくわかり、一瞬たりとも目を離すことができなかった。
 今年も辻井伸行の取材が続きそうだ。
 来週は「レコード芸術」のインタビューがあり、デビュー10周年に関していろいろ話を聞くことになっている。さらに2月1日から6日までリヴァプールに出張し、現地での演奏を聴き、「家庭画報」の連載記事の取材を行う予定である。
 終演後、辻井さんに楽屋でその旨を話すと、「リヴァプールにきてくれるんですね〜」と喜んでくれた。そして写真を撮ろうとすると、「ブログ用ですよね。父が伊熊さんのブログのファンで、いつも見ているんですよ」とのこと。以前、お父さまからも「いつも読んでいますよ」といわれたことがある。
 うれしいやら、照れくさいやら…。
 今日の写真は、その辻井さんの終演後のワンショット。大曲2曲を弾き終えた晴れやかな笑顔だ。

y2054_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:22 | マイ・フェイバリット・ピアニスト
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス