ブログ

斎藤雅広

 長年、親しくおつきあいをしているピアニストの斎藤雅広が「新年会しましょう」と誘ってくださり、今日は銀座の「夢屋銀兵衛 虎夢」でランチをし、美味なる和食をいただいた。
 斎藤さんは食通で知られ、おいしいお店をたくさん知っている。
 今日のお店も、ひとつずつのお料理が創造性に富み、素材を生かした美しいお料理で、それぞれとてもていねいに作られている。
 しかも、味わいが実にシンプル且つ奥深い。コースになっていて、お店の人がひとつずつ説明してくれるのだが、「えーっ、そういう材料を使っているの?」と、驚きのレシピが多かった。
 その写真はまた後日紹介したいと思う。
 なにしろ、ゆっくり食べながら、12時から16時まで4時間もおしゃべりしてしまったのだから…。
 斎藤さんはデビュー40周年を迎えた2017年5月、銀座ヤマハホールでYAMAHA-CFXを弾いて記念アルパムを録音した。題して「ナゼルの夜会」2017。プーランクの「ナゼルの夜会」、シューマンの「謝肉祭」を収録したアルバムである(ナミ・レコード 1月25日発売)。
 今日はこのアルバムの話も聞き、昨年招かれて演奏と指導を行ったフランス・アルザス地方の音楽祭「ムジカルタ」の話も聞き、さらに今年の予定もあれこれ伺った。
 斎藤さんとは、いつもいろんな方面に話が広がり、時間のたつのを忘れて話し込んでしまう。新譜にゆっくり耳を傾け、いろんなところに紹介したいと思っている。
 今日の写真は、ランチをいただきながら1枚パチリ。

y2041_R.JPG

 もう1枚は、「夜会」を意識した服装で写真撮影をしたというCDのジャケット。

y2042_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス