ブログ

ジャパン・アーツ新春懇親パーティー

 今日は都内のホテルで「ジャパン・アーツ新春懇親パーティー」が開かれた。
 例年、この会には多くの所属アーティストが参加する。
 今日も、2018年の招聘企画やさまざまなアーティストのコンサートの企画が映像で流され、乾杯に続き、アーティストの紹介と今年の予定かーが発表された。
 毎年、ここでは新たなアーティストに会うことができ。とても楽しみである。
 今日は、2017年に国際コンクールで優勝した若きアーテストふたりに会うことができた。
 ひとりは、2004年生まれのチェリスト北村陽。2017年カザフスタンで行われた「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のチェロ部門で優勝に輝いた、現在13歳の新星だ。今年はすでにさまざまなコンサートが入っているという。

y2040_R.JPG

 もうひとりは、1998年生まれのピアニスト藤田真央。2017年「第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール」で優勝の栄冠を手にした逸材である。今年はヴェルビエ音楽祭に招かれているそうで、その音楽祭が終わったら、インタビューで様子を話してくれることになった。

y2039_R.JPG

 ソプラノの松本美和子にも久しぶりにお会いし、あいさつをしたが、今年は喜寿を迎えるそうで、7月に記念リサイタルを行うという。

y2038_R.JPG

 チェロの長谷川陽子、ピアノの仲道祐子、ピアノの三舩優子も「美女3人組」として写真を撮らせてもらった。

y2037_R.JPG

 いよいよ今年のコンサートシーズンが、本格的な幕開けを迎えた感じがする。さて、今年はどんなすばらしい音楽に出合えるだろうか。
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:23 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス