ブログ

京麩しぐれちりめん入りサラダ

 京都にはおいしい食材がたくさんある。
 昔からその商品ひと筋に手がけている老舗店も多く、デパ地下ではなく、その本店に出向くと、お店のポリシーが感じられて感慨深い。
 今回はいろんなお店に足を運んだが、今日はそのひとつ、ちりめん山椒で有名な八坂神社近くの「やよい」の「京麩しぐれちりめん」をサラダのトッピングに使ってみた。
 「やよい」のちりめん山椒は、とても味がまろやか。それも大好きな味わいだが、「京麩しぐれちりめん」は、ちりめんじゃこに麩の素を加え、料理してある。
 小ぶりのじゃがいもをじっくりと素揚げして塩をパラリと振り、有機レタスの上に散らし、イタリア産の生ハム、無農薬レモンとともに盛り付け、中央にちりめんをトッピング。 
 食べるときにエクストラバージンオリーブオイルをたっぷりまわしかけ、レモンをギュッと搾り、全体をさっくり混ぜ合わせて出来上がり。
 ちりめんは味がついているため、ほどよく野菜と交じり、ワインにとてもよく合うサラダになった。
 これから、いろんな京都の食材を使ったレシピを考えたいと思う。
 原稿がひとつ終わると、すぐに次のレシピに頭が向く。今日の締め切り分も、早く終わらないかなあ(笑)。

y2018_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 17:56 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス