ブログ

ジャパン・アーツ新春懇親パーティー

 今日は都内のホテルで「ジャパン・アーツ新春懇親パーティー」が開かれた。
 例年、この会には多くの所属アーティストが参加する。
 今日も、2018年の招聘企画やさまざまなアーティストのコンサートの企画が映像で流され、乾杯に続き、アーティストの紹介と今年の予定かーが発表された。
 毎年、ここでは新たなアーティストに会うことができ。とても楽しみである。
 今日は、2017年に国際コンクールで優勝した若きアーテストふたりに会うことができた。
 ひとりは、2004年生まれのチェリスト北村陽。2017年カザフスタンで行われた「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のチェロ部門で優勝に輝いた、現在13歳の新星だ。今年はすでにさまざまなコンサートが入っているという。

y2040_R.JPG

 もうひとりは、1998年生まれのピアニスト藤田真央。2017年「第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール」で優勝の栄冠を手にした逸材である。今年はヴェルビエ音楽祭に招かれているそうで、その音楽祭が終わったら、インタビューで様子を話してくれることになった。

y2039_R.JPG

 ソプラノの松本美和子にも久しぶりにお会いし、あいさつをしたが、今年は喜寿を迎えるそうで、7月に記念リサイタルを行うという。

y2038_R.JPG

 チェロの長谷川陽子、ピアノの仲道祐子、ピアノの三舩優子も「美女3人組」として写真を撮らせてもらった。

y2037_R.JPG

 いよいよ今年のコンサートシーズンが、本格的な幕開けを迎えた感じがする。さて、今年はどんなすばらしい音楽に出合えるだろうか。
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:23 | クラシックを愛す

とらや京都一条菓寮

 京都の冬は寒い。寒いというより、顔が痛い感じだ。冷気が肌に突き刺さってくる。
 こういう時期は、仕事部屋で原稿書きに疲れたら、温かいものを食べにいきたくなる。
 まず頭に浮かぶのは、おいしいぜんざい。近くに「とらや京都一条菓寮」があるため、そこに出向く。

y2036_R.JPG

 でも、ここはいつ訪れても人でいっぱい。お店のなかに入り、椅子にすわって待つこと30分余り。
 寒くない場所で待っているから、多少の時間は大丈夫だ。
 ここはテーブルがゆったりと配置され、冬以外はテラス席も気持ちがいい。

y2035_R.JPG

 お薦めは、お汁粉(小倉あん)といそべ餅。おいしいほうじ茶と一緒にいただくと、からだの芯から温まる。

y2033_R.JPG

y2032_R.JPG

 こういうリラックスできるお店が近くにあると、とても助かる。
 原稿書きは、頭も疲れるけど、からだももちろん疲弊する。ずっと同じ格好をしているため、筋肉がかたまってしまうし、むくみも起きる。
 こういうときは、とにかく外を歩いて、甘いものを食べにいくのが一番。寒さもなんのその、おいしい和菓子系のものがあれば、その引力は強い。だから冬は太るんだよね。
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | ゆったりまったり京都ぐらし

京都・やよいのランチ

 先日ブログに綴った京都のやよいのランチは、とても手の込んだおいしいものだが、リーズナブルでびっくりする。
 今回は、お店が自慢する「お茶漬け膳」を頼んだ。
 これは一日限定10食だそうで、やよいの佃煮各種、手づくりおばんざい、土鍋で炊き上げるごはん、デザート付きである。
 このごはんのおいしさといったら…。軽くお茶碗に3杯ほどあり、おかずを乗せながら食べると、すぐにおかわりをしたくなり、3杯ぺろりとたいらげてしまう。要注意だわね(笑)。
 おじゃこやおばんざい、佃煮もていねいに作られていて美味。すべて買って帰りたくなってしまう。
 「おじゃこパスタ」もあり、こちらはパルミジャーノのクリームソースのパスタとなっている。京野菜のサラダ、かぶのスープ、デザート付きである。とてもシンプルであっさりした味付けだ。
 京都のランチはどこも混んでいるが、予約しておけば、このお店はゆったりと食事ができ、ショップで買い物もできるため、とても有意義な時間を過ごせる。
 今日の写真は、「お茶漬け膳」と「おじゃこパスタ」。

y2030_R.JPG

Y2029_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 17:27 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス