ブログ

斎藤雅広とのランチ

 先日、斎藤雅広とのランチをいただいたお店、銀座の「夢屋銀兵衛 虎夢」のお料理の写真をいくつか紹介したいと思う。
 ランチはコース(御昼の特別虎夢会席)になっていて、そのリストがすごい。
 夢冠、蝦夷鹿のロースト、蟹と白菜のムース、干し柿と黒胡麻豆腐の白和え、虎夢風寄せと根菜のと鍋、真鯛ぶつ刺し、フォアグラのポアレ 大根、海老芋オランダ煮、じゃが芋のアイスクリーム、京鴨ロースの治部煮風または目鯛と根菜のグラタン、冷し稲庭うどんまたはドライカレーwithサフランライス、本日のデザート2種、珈琲または紅茶という具合である。
 これらが少しずつ、ゆっくりと供され、個室でリラックスしていただける。
 私は材料を聞いたり、作り方を質問するのが好きなのだが、いずれもまねできる代物ではない。ひとつずつとても丁寧に作られていて、素材の味を生かしたシンプルながら奥深い味わい。
 斎藤さんは、「伊熊さんの女子会にぜひ使ってほしいと思って」といって、笑っていた。
 これはもう、仕事仲間や友人を誘うしかない。夜はもう少し違うメニューになるそうだが、みんな感激してくれると思う。
 斎藤さんは、私がトリ系が食べられないのを知っていて、事前にお店の人に伝えてくれたため、鴨やフォアグラは別メニュー。それがまた、ものすごく凝っていて、感動しきりだった。
 今日の写真は、その一部。味わいもそうだが、器や盛り付けも大いに参考になった。

Y2050_R.JPG

Y2048_R.JPG

Y2047_R.JPG

Y2049_R.JPG

Y2051_R.JPG

Y2046_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:44 | 美味なるダイアリー

ピーター・ウィスペルウェイ

 先日ブログに綴ったように、オランダのチェリスト、ピーター・ウィスペルウェイのインタビューは、とても興味深いものだった。
 そこで、「インタビュー・アーカイヴ」の第76回はウィスペルウェイの登場だ。

[音楽の友] 2008年4月号

 2月3日の日曜日、東京は朝から雪が深々と降る寒い日だったが、紀尾井ホールで行われたピーター・ウィスペルウェイのJ・S・バッハの「無伴奏チェロ組曲」全曲演奏会は、冒頭から静かなる熱気に包まれた。
「この作品は力強く、地に足が着いた精神の落ち着きが見られる一方、生の躍動感がみなぎっています。舞曲を深く理解し、遊び心や歌心などさまざまな要素をバランスよく演奏に盛り込んでいかなければなりません。長年弾いていると解釈、表現は変化してきますが、各々の要素をどう混ぜ合わせるか、どんなカクテルを作り上げるかが重要になります」
 ウィスペルウェイは長年フランス製の楽器を使用していたが、数年前イギリスで発見された「奇跡のチェロ」と称されるグァダニーニの1760年製のチェロを手に入れた。
「以前はバロック・チェロで演奏し、ビルスマ、プリースに師事して基礎をみっちり学びました。でも、あるときイタリアの楽器を無性に弾きたくなった。その衝動が抑えられず、オークションでグァダニーニを手に入れたわけです。ええ、もちろんものすごく高い買い物でしたよ。同じ週に家も買ったんです。クレイジーでしょ(笑)。あとの支払いも考えずにね。今回はこのモダン・チェロでバッハを弾きました。弦や弓の材質はバロック・チェロと異なりますので最初は奏法を会得するのに苦労しましたが、基本スタイルは同じです」
 1月31日には録音で高い評価を得ているドヴォルザークのチェロ協奏曲を披露したが、流麗で深々とした演奏は、作曲家の生地ネラホゼヴェスの緑豊かな景観を連想させた。
「このコンチェルトは出だしから気合いを入れ、思い入れたっぷりに演奏する傾向が見られますが、これはシンプルに演奏することが大切だと思います。作曲家は多くのメッセージを作品に込めました。演奏はその語りを雄弁に物語らなくてはならない。でも、技巧を見せつけたり、表現過多になるのは避けなければ。それは大いなる知性が宿っているからです。高らかに旋律をうたいあげるときにも、ある種の抑制した知性が必要となる。オーケストラとの対話も非常に重要ですね。特に第2楽章はリリシズムがあふれていますから」
 師のビルスマもプリースも、どんな作品を演奏するときも創造的な芸術形態をもつことが大切だと教えてくれた。それを座右の銘としている。
「グァダニーニを手にしてから、すべての作品を一から学び直しています。それが私の好奇心を満たしてくれるからです。そして常に新しい方向、新しい道、新しい自分を探しています。見慣れた楽譜でも何か発見はないか、新鮮な驚きはないか、という目をもって探究しています」
 その好奇心は見知らぬ町の探索にも表れる。ウィスペルウェイはホテルで地図をもらい、新宿から下北沢、飯田橋、千駄ヶ谷と7時間ウォーキング。いろんな発見があったと目を輝かせる。スリムな体型は、きっとこの長時間の散歩の成果かも‥‥。

 今日の写真は、その雑誌の一部。今年もバッハをはじめとする無伴奏作品を聴かせてくれたが、まさに至高の音楽だった。

Y2046_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | インタビュー・アーカイヴ

斎藤雅広

 長年、親しくおつきあいをしているピアニストの斎藤雅広が「新年会しましょう」と誘ってくださり、今日は銀座の「夢屋銀兵衛 虎夢」でランチをし、美味なる和食をいただいた。
 斎藤さんは食通で知られ、おいしいお店をたくさん知っている。
 今日のお店も、ひとつずつのお料理が創造性に富み、素材を生かした美しいお料理で、それぞれとてもていねいに作られている。
 しかも、味わいが実にシンプル且つ奥深い。コースになっていて、お店の人がひとつずつ説明してくれるのだが、「えーっ、そういう材料を使っているの?」と、驚きのレシピが多かった。
 その写真はまた後日紹介したいと思う。
 なにしろ、ゆっくり食べながら、12時から16時まで4時間もおしゃべりしてしまったのだから…。
 斎藤さんはデビュー40周年を迎えた2017年5月、銀座ヤマハホールでYAMAHA-CFXを弾いて記念アルパムを録音した。題して「ナゼルの夜会」2017。プーランクの「ナゼルの夜会」、シューマンの「謝肉祭」を収録したアルバムである(ナミ・レコード 1月25日発売)。
 今日はこのアルバムの話も聞き、昨年招かれて演奏と指導を行ったフランス・アルザス地方の音楽祭「ムジカルタ」の話も聞き、さらに今年の予定もあれこれ伺った。
 斎藤さんとは、いつもいろんな方面に話が広がり、時間のたつのを忘れて話し込んでしまう。新譜にゆっくり耳を傾け、いろんなところに紹介したいと思っている。
 今日の写真は、ランチをいただきながら1枚パチリ。

y2041_R.JPG

 もう1枚は、「夜会」を意識した服装で写真撮影をしたというCDのジャケット。

y2042_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス