ブログ

辻井伸行

 今年に入って何度か辻井伸行に会っているが、今日は「レコード芸術」のインタビューでレコード会社に出向き、話を聞いた。
 今回のインタビューのテーマは、2つの新譜について。ひとつは「CDデビュー10周年記念 スペシャルLIVEコレクション」。もうひとつはベートーヴェンの「悲愴」「月光」「熱情」(両方ともエイベックス)。
 これまで「家庭画報」のインタビューで、デビュー10周年に関してはさまざまなことを聞いてきたが、今日は「レコード芸術」の記事ゆえ、録音に焦点を絞った。
 両方の録音に収録されている作品について、ひとつずつそのときの思い出、録音時の様子、自身の感情、作品について、作曲家について、共演の指揮者やオーケストラについて、世界各地のホールについてなど、多岐に渡る質問を行い、彼はそれにひとつずつじっくりと答えてくれた。
「本当にこの10年間はあっというまでした。ずっと走り続けてきた感じで、いつも目の前のコンサートやレコーディングに集中して取り組み、気が付いたら10年たっていたという感じですね」
 これらの録音には、辻井伸行の10年間の歩みが刻印されていると同時に、彼の成長の過程が映し出されている。
 私もいろんなところで演奏を聴き、インタビューを行い、国内外で取材を続けた10年間だった。
「また、これから20周年、30周年に向けてもっといい演奏ができるように頑張ります!」
 前向きなことばを聞き、外の寒さを忘れる思いがした。本当に今日は空気が冷たく、レコード会社に着くまで、顔が痛いほどだったから。
 写真は、インタビュー後の1枚。「じゃ、次はリヴァプールで会いましょうね」といって、インタビュー会場をあとにした。

y2059_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:32 | 親しき友との語らい

NCAC音楽大学 音楽の分かる大人になろう!講座 4時間目   

 早いもので、「NCAC音楽大学 音楽の分かる大人になろう!講座」4時間目の講座が、今週末の27日14時から長野市芸術館で開催される。
 もう3時間の講座が終了し、あと3回を残すのみとなった。
 今回のテーマは「ベートーヴェンの交響曲第7番、8番 作曲秘話を巡って作品誕生の地へ」。これまで何度かウィーンのベートーヴェン関係の家や足跡を訪ねたときの様子を写真で紹介し、交響曲第7番と第8番の映像や録音を流しながら、楽章ごとにさまざまなことを学んでいく形にしようと思っている。
 その資料は事前に担当者に送り、チェックをしてもらっている。
 当日、打ち合わせをする段階でDVDとCDをひとつずつ見聴きしながら、最終チェックをする予定だ。
 この講座は1カ月に一度、計6回となっているが、1カ月の速いこと。この間、ひとつの講義が終わったと思っていたら、もう次の講義の準備が目の前に迫ってくる。
 東京も雪が降り、連日とても寒い日が続いているが、担当者からの連絡によると、長野もものすごく寒いそうだ。
 週末は温かくして出かけなくてはならない。
 さて、また資料をじっくり見直すとしましょうか…。 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:15 | 日々つづれ織り

仲道郁代

 仲道郁代が演奏活動30年を迎え、さらに未来を見据えて、向こう10年間で2つのシリーズを行うことを発表した。
 今日は、その記者発表と懇親会があり、シリーズの内容と彼女の意気込みが語られた。
 2018年から2027年までの10年間、毎春サントリーホールで「ベートーヴェンが確立した巨大な世界へ」と、毎秋東京文化会館小ホールで「ピアノの音が醸成する深い味わいの世界へ」と題したコンサートを実践していく。
 昨年、インタビューしたときにもこの両コンサートの話は少し聞いたが、10年計画とはすごいことを考えたものである。
 彼女はこの大きなプロジェクトに関し、「我を忘れるような美しく特別な空間にいることを感謝し、その気持ちを演奏に託し、それを聴衆と共有したい」と熱く語った。
 さらに、「ステージに住みたいほどピアノが好きで、無条件にピアノの音が好きなので、この生活をずっと続けている。ベートーヴェンは生きることの哲学を問う作曲家だから、その意味合いをより探求したい」と強調した。
 サントリーホールの方のプログラムは、ベートーヴェンを主軸とし、モーツァルト、ブラームス、ショパン、シューマン、シューベルトなどが選曲され、東京文化会館小ホールの方は、ドビュッシー、ラフマニノフ、ラヴェル、バッハ、スクリャービン他が組まれている。
 なお、3月16日には「仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル」と題したコンサートが東京芸術劇場で開かれ、上原彩子、小川典子、金子三勇士、清水和音、萩原痲未が加わって、「2台ピアノの祭典」と「5台ピアノの響演」の演奏が行われる予定だ。
 思えば、仲道郁代にはデビュー前の学生時代からコンクールなどの取材を続けてきた。私も今年は独立30周年の節目の年である。彼女の前向きな姿勢に触発され、何かしなくちゃ、という気持ちが強くなった。
 今日の写真は、記者発表で話す仲道郁代。

y2058_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:07 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス