ブログ

年末入稿

「今年もお世話になりました」「来年もどうぞよろしくお願いいたします」「どうぞよいお年を」というメールが次々に入ってくる時期になった。
 ただし、まだまだ年末入稿の真っただ中で、年末のお休みのことは考えられない。
 多くの会社が、明日までとか、明後日までということで、いよいよ今年も終わりに近づいてきた。
 秒読みのスケジュールのなか、原稿を書き終えたものからリストにチェックを入れ、あと何本、あとこれだけと指折り数えてラストスパートをかけている。
 でも、何本かこぼれそうで、担当者に「来年になってもいい?」とか「年が明けたら、一番でやるから」などといいわけを並べている。
 28日の夕方から京都の仕事部屋にいくため、実質的にはあと1日半しかない。さあ、焦ってきたゾ。
 明日は飛ばさないとね。なんとか、走り続けま〜す。
posted by 伊熊よし子 at 23:29 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス