ブログ

辻井伸行

 昨年行われた「辻井伸行 音楽と絵画コンサート」が、今年は全国規模で開催されている。
 11月22日に長崎から始まり、全12公演が組まれ、今日は東京芸術劇場で行われた。
 このコンサートは、第1部が「人気の自作×フォトグラフ」となっており、辻井の自作が演奏され、スクリーンには彼の子ども時代からの写真や、海外での写真などが映し出される。
 第2部は「クラシックの名曲×著名絵画」となっていて、ドビュッシー、ラヴェル、ショパンの演奏が行われるなか、スクリーンにはルノワール、ドガ、ルドン、クレー、モネ、フェルメールの絵画が映し出される。
 この試みはふだんクラシックをあまり聴かない人々にも人気があるそうで、昨年初めて行った際、とても評判がよかったため、今年はツアーとして開催されることになったのだという。
 第1部では辻井伸行が曲の説明をしながら演奏を進め、第2部はトークなしで名曲を次々に奏で、聴衆はスクリーンに映し出される名画で目を楽しませ、同時に名曲で耳を楽しませた。
 今日は辻井伸行にリハーサル前に「家庭画報」の連載のインタビューを行い、このコンサートについて、先日のデビュー10周年の記念コンサートについて、10月にパリのシャンゼリゼ劇場で行われた公演についてなどを聞き、さらに2018年に向けての思いも話してもらった。
 これから辻井伸行のテレビ放映が3本続く。
 12月17日(日)よる9時から BSフジ「辻井伸行×パリ〜ショパンが舞い降りたよる夜〜」 2017年10月にパリ・シャンゼリゼ劇場で行われた公演に密着。ショパンゆかりの地も訪れる。
 12月24日(日)よる9時から BS朝日「奇跡のピアニスト辻井伸行〜世界遺産で弾く日豪友好の調べ」 2016年10月、アシュケナージ指揮シドニー交響楽団との公演を中心に、日豪友好の演奏会にも密着した。
 12月25日(月)よる9時から BS朝日「奇跡のピアニスト辻井伸行 デビュー10周年 感動と涙の全軌跡」 2017年11月に東京・サントリーホールで行われたデビュー10周年記念特別コンサートを中心に、これまでの資料映像とともに、この10年を振り返る。
 実は、この25日の放送に、ほんの少しだけコメントを依頼されて出演した。多分、10秒ほどでしょうね(笑)。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:59 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス