ブログ

デニス・マツーエフ

 12月1日からワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団が日本ツアーを行い、連日各地で演奏を行うというタフなスケジュールをこなしている(全10公演)。
 今日は最終日で、13時と18時にサントリーホールで2公演が組まれ、ピアノのデニス・マツーエフがソリストを務め、ラフマニノフのピアノ協奏曲を1日に4曲演奏するという快挙を成し遂げた。
 このプログラムの原稿のマツーエフの項を担当したため、事前に知っていたのだが、まさに彼しかできないハードスケジュールである。
 マツーエフは、「ラフマニノフのコンチェルトは、マエストロ・ゲルギエフとぼくとの代名詞的な存在」だと語る。とりわけ第3番は、13歳から弾き始め、自分の血となり肉となっている作品とか。
 今日の演奏も、まさしく自家薬籠中の作品を演奏する自信に満ちあふれたピアニズムだった。弱音から開始したが、次第にパワー全開、強音の部分ではピアノが壊れそうな(?)はげしい音楽がホール全体を包み込んだ。
 マツーエフはいま3つの重要な国際音楽祭の芸術監督を務めているが、新しい世代の若手音楽家たちにこうした音楽祭に出演する機会を与え、道を拓いてあげるのだという。
 192センチの堂々たる体躯の持ち主で、いまどき珍しく燕尾服を身に着け、演奏はパワフルそのもの。インタビューでも、大きな声でジョーク連発のエネルギッシュなタイプだが、後進に温かい目を向ける面を持ち合わせている。
「ぼくは男らしく堂々とした演奏で、作曲家の内なる意思を表現したい」
 なるほどね、その強さ、しっかり伝わってきました。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:31 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス