ブログ

清水和音

 清水和音のピアノは気負いや気取りがまったくなく、まさに正統派。作曲家がいいたかったこと、伝えたかったことに肉薄し、楽譜に忠実な演奏である。
 しかし、けっして堅苦しい演奏ではなく、そこには楽譜の裏側まで読み込んだ洞察力の深さが顔をのぞかせている。
 今日は、東京オペラシティコンサートホールで、「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタ」のリサイタルが行われた。前半がピアノ・ソナタ第8番「悲愴」と第21番「ワルトシュタイン」で、後半が第14番「月光」と第23番「熱情」という重量級のプログラムである。
 ベートーヴェンのピアノ・ソナタを4曲続けて聴くと、さすがにずっしりと胸に迫りくるものがあり、聴き手の集中力もハンパではない。
 ピアニストはさぞ大変だろうと思うが、終演後に楽屋で会った清水和音は、汗びっしょりながら、にこやかだった。
 これだけの作品を演奏したら、達成感はさぞかしと思いきや、いつもながらの自虐的なギャグを飛ばしていた。
 この公演評は、「公明新聞」に書くことにしている。
 今後も意欲的なコンサートが目白押し。2018年2月6日には「ピアノ四重奏曲は美しい!」(東京芸術劇場コンサートホール)、4月8日には「三大ピアノ協奏曲の饗宴」(サントリーホール)、4月21日には「清水和音ピアノ主義」(浜離宮朝日ホール)が予定されている。
 今日の写真は、楽屋でのひとこま。私服に着替えた直後で、まだリサイタルの高揚感をまとっている。

y2002_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:41 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス