ブログ

エマニュエル・パユ

 いつもエマニュエル・パユにインタビューで会うと、その仕事ぶりに驚かされる。
 彼は頭のなかに向こう3年間から5年間くらいのコンサートと録音の企画がビッシリ詰まっていて、それをどんどん話してくれるからである。
 今回は、来年リリース予定の新譜の情報がまだヨーロッパのレコード会社から日本のレコード会社の方に届いていないとのことで、本人に直接聞いた方が早いだろうということになった。
 ライナーノーツを担当する身としては、新譜の内容の詳細を聞く必要がある。
 パユは次々に曲目を並べ、内容をガンガン話していくのだが、あまり演奏されない作品や聞き慣れない作曲家の名前が飛び出し、こちらは四苦八苦である。
 いやあ、これは大変なことになった。曲目解説に時間がかかるなあと思いつつ、話を進めていく。
 レコード会社の担当者もメモを取るのに必死で、私もインタビューではなく、情報収集に徹することになった。
 そうこうするうちに話は終わり、帰宅すると、パユは先ほど話した曲目のリストをすぐにメールで送ってくれた。
 本当にすごい人だよねえ。私が話を聞いたのは、彼のリサイタルの本番前なのに、すぐにこうやって情報を流してくれるなんて…。
 よく樫本大進が、「エマニュエルは本当の天才」といっているけど、確かにそうだと思う。なんでも簡単に吹けてしまうし、録音の話を聞いても、苦労話はいっさいない。
「なんで? 録音で苦労なんかしていないよ。準備はきちんとできているからさ。その前にちゃんと用意しておけば、録音は楽しんでできるよ」
 そうでしょうね。なんといっても、真の天才だから。
 それでも、何かないかなと考え、苦心したことや困難にぶつかったことを聞き出そうとすると、こんな答えが戻ってくる。
「私はねえ、ストレスがないんだよね。努力して自分がやるべきことをやれば、結果はついてくる。いつも楽しんで演奏しているよ」
 ハイハイ、よくわかりました。こういう人に野暮な質問をしてもダメなんだよね。もっと、音楽的な質問をした方がいいと思い、方向転換をすることになる。
 パユは毎年のように来日し、2018年も来日公演が組まれている。その前に新譜のライナーを仕上げなくてはならない。まず、いま手に入る情報から進めましょうか。
 今日の写真は、天才のパユさま。でも、けっして鼻高々にならず、いつも一生懸命ことばを尽くして話してくれる真摯な性格の持ち主。熱心なファンが多いのもうなずける。

y1995_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:33 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス