ブログ

川井郁子

 クラシック作品から自身のオリジナル曲まで、幅広いレパートリーをもつヴァイオリニストの川井郁子が、2018年1月13日から2月18日にかけて、全国6都市で「川井郁子コンサートツアー2018 LUNA〜千年の恋がたり〜」と題する公演を行うことになった。
 東京公演は、2月23日にBunkamuraオーチャードホールで開催される。
 先日、このツアーに関する記者発表会が行われ、オフィシャルライターを依頼された私は、TBSまで出向いた。
 川井郁子は2017年11月1日に「LUNA」というアルバムをリリースしている。7年ぶりの新譜で、月にまつわる全17曲が収録されている。
 来年の公演はこのアルバムの曲も演奏され、3部構成となっており、スペシャルゲストとして「ロシアの至宝」と称されるバレエダンサーのファルフ・ルジマトフが参加することになっている。彼は岩田守弘の振り付けにより、ヴァイオリンと共演する。
 公演では、和太鼓を中心とする和楽器と洋楽器のコラボレーションも展開される。
 今日の写真は、会見での川井郁子。私は以前から彼女の取材を続けており、「お久しぶりです」とお互いにあいさつを交わした。

y1994_R.JPG

y1996_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:28 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス