ブログ

麩屋町 伝助

 2016年12月29日にNHKのラジオ番組「クラシックリクエスト」に出演した際、アナウンサーのNさんと親しくなり、その後もおつきあいが続いている。
 彼女が今春から京都放送局に異動になったため、私が京都の仕事部屋にいくときに「会おうね〜」といいあっていたのだが、なかなかスケジュールが合わなかった。
 先日、ようやく会って食事にいくことができた。
 Nさんは食通で知られている。おいしいお店をたくさん知っていて、しかも小さなお店で居心地がよく、ひとつずつていねいに作られた物が出てくるお店がお気に入り。
 そんな彼女が選んでくれたのが、麩屋町にあるカウンター7席の和食屋さん、「麩屋町 伝助」だ。
 夜、待ち合わせ場所にいってみると、すでに暗くなった通りに行灯の光が見える。なかなか風情のある外観である。
 ちょうど出張で京都を訪れていたNさんの後輩アナウンサーのWさんも加わり、女3人でカウンターでチビチビやりながらおいしい物を次々につまむことになった。
 いろんな話をしながら、京都でゆっくり飲み、食べる。こんなことができるなんて、思ってもみなかった。
 出てくるお料理はいずれも手が込んでいて、しかも薄味でヘルシーで、見た目にも美しい。
 私の友人で、こういうところで飲みながらおいしい物いただくのが大好きなご夫妻がいるので、次回はぜひ彼らと一緒に訪れたいと思った。
 今日の写真は、天然魚のお造り、ふきのさっと煮、あん肝の酢の物、ぎんなんの塩焼き、なすの田楽など。まだまだたくさん食べたけど、すべてがまねできないすばらしいお料理だった。「ここに弟子入りしたい」といったら、ふたりに笑われた。

y1983_R.JPG

y1984_R.JPG

y1986_R.JPG

y1987_R.JPG

y1988_R.JPG
 

 
posted by 伊熊よし子 at 21:47 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス