ブログ

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 世界最古のオーケストラのひとつ、ライブツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が名誉カペルマイスターのヘルベルト・ブロムシュテットとともに来日中である。
 今日は、サントリーホールでコンサートが行われた。
 プログラムの前半は、レオニダス・カヴァコスをソリストに向かえたブラームスのヴァイオリン協奏曲ニ長調。後半は、シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレイト」。
 今回の日本ツアーのもうひとつのプログラムは、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調と、ブルックナーの交響曲第7番(ノヴァーク版)。いずれもライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団がレパートリーの基本に据えているドイツ音楽で、しかもすべて同オーケストラによって初演された作品ばかりである。
 カヴァコスのブラームスは鍛えられた技巧と表現力に支えられた説得力のある演奏で、彼は2013年にリッカルド・シャイー指揮ゲヴァントハウス管と同曲をレコーディングしていることから、オーケストラとは呼吸がピタリと合っていた(ユニバーサル、輸入盤)。
 実は、来週カヴァコスにインタビューをすることになっているため、今日は神経を集中させてコンチェルトにじっくり耳を傾けた。
 カヴァコスの新譜は、ピアノのユジャ・ワンと共演したブラームスのヴァイオリン・ソナタ全集(ユニバーサル)。ブラームスを得意としているようだ。このあたりのことも、インタビューでしっかり聞きたいと思っている。
 後半のシューベルトは、90歳を迎えてなお、矍鑠たる様子で指揮を行うブロムシュテットのすばらしさに心を打たれる思いがした。弦楽器の渋く深く芳醇な響き、管楽器のまろやかで深遠な音色が、このオーケストラの歴史と伝統を物語っている。
 シューベルトのロマン、孤高の魂、深々とした歌心などが横溢した交響曲を、ブロムシュテットは大きな絵巻物を描くように、オーケストラを鳴らしていく。
 長大な作品を円熟した指揮ぷりで聴かせたブロムシュテットに、聴衆はオーケストラが去ってからも拍手を送り続け、マエストロも何度も舞台に呼び戻され、あいさつを繰り返した。
 ブロムシュテットには大分前にインタビューを行い、とても興味深い内容だったため、折を見て「インタビュー・アーカイヴ」で紹介したいと思う。
 今日午前中、2018年1月3日に東京文化会館で行われる「ニューイヤーコンサート」の指揮を担当する藤岡幸夫に電話インタビューを行ったが、そのときに彼は恩師の渡邊暁雄とゲオルク・ショルティが晩年になってもけっして椅子にすわらずにずっと立って指揮をし、「ひとつの舞台に命を賭けている姿に感銘を受けた」と語っていたが、ブロムシュテットの指揮を見ながら私も同じ思いを抱いた。
 今日の写真は、プログラムの一部。

y1979_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:15 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス