ブログ

フォルテ・ディ・クアトロ

 8月にソウルで取材をしたヴォーカル・ユニット、フォルテ・ディ・クアトロが、デビュー・アルバム「フォルテ・ディ・クアトロ」(ユニバーサル)リリース記念ショーケースのために来日した。
 昨日は16時からインタビューがあり、彼らとの再会を喜び合った。
 メンバーはこの日の午後来日し、私はインタビューのトップバッター。ユニバーサルの玄関で、担当者と一緒に彼らのマイクロバスを迎え、みんなで握手をしたりハグしたり、大騒ぎ。
 さて、インタビューではソウルで聞き逃したことに集中し、さらにプラハで録音したばかりというセカンドアルバムの話を聞いた。次なるアルバムは、オーケストラをバックにうたうクラシカルな選曲だそうで、ナマのオーケストラとの共演に最初は戸惑ったようだ。
 しかし、リハーサルが進むにつれ急速に音楽がよくなり、その結果すばらしい歌がうたえたと口をそろえた。
 彼らとは2度目のインタビューゆえ、途中から話がどんどん脱線。全員が大笑いしながらのインタビューとなった。
 そして今日は、15時半からイタリア文化会館でショーケースが行われた。デビュー・アルバムのなかから数曲がうたわれ、トークも交え、約1時間にわたって力強く情熱的な熱唱を披露した。
 彼らは、今日の夜半の便でソウルに帰国するそうだ。1泊の東京滞在だが、「おいしいものをたくさん食べたよ」といっていた。
 ぜひ、今度はコンサートで来日してほしい。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚と、写真撮影が許可されたショーケースでのワンショット。

y1972_R.JPG

y1973_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 21:27 | 終わりよければ…取材奮闘記
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス