ブログ

神尾真由子

 早いもので、2018年のニューイヤーコンサートの情報が送られてくる季節になった。
 そのひとつ、1月3日には《響の森》ニューイヤーコンサート2018と題した、東京文化会館主催の東京都交響楽団のオーケストラ・コンサートが開催される。15時開演、指揮は藤岡幸夫。
 このニューイヤーコンサートは、ウィーンのワルツやポルカが演奏されるプログラムではなく、前半は協奏曲、後半は交響曲というスタイルを保持している。来年は、前半のコンチェルトがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、後半がムソルグスキーの「展覧会の絵」が組まれている。
 今日は、このコンサートに出演するソリスト、ヴァイオリンの神尾真由子にインタビューを行った。
 彼女に会うのは約1年ぶり。演奏するチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、神尾真由子の代名詞ともいえる作品。この作品に関しては、何度も話を聞いてきたが、また新たな話を聞くことができた。
 今日のインタビューは、東京文化会館の広報誌「音脈」に書く予定である。
 作品の話題から始まり、チャイコフスキー国際コンクール優勝から10年を迎えた心境に移り、現在の活動と今後の展望、そしてプライヴェートの話まで話題が盛りだくさん。最後は音楽から離れて雑談になってしまった。
 来年は1月2日からリハーサルが始まるそうで、まさに神尾真由子の2018年はチャイコフスキーで幕開けとなりそうだ。
 今日の写真は、スタジオにあったピアノの前にすわった神尾真由子。「ヴァイオリニストがピアノと一緒に写真を撮るのは、珍しいよねえ」といいながら…。

Y1970_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:48 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス