ブログ

NCAC音楽大学「音楽の分かる大人になろう」講座

 昨日は長野市芸術館のNCAC音楽大学「音楽の分かる大人になろう」講座の第1時間目の講座を行った。
 テーマは南米の音楽。バンドネオンのピアソラの音楽や、南米の指揮者、ピアニスト、ギタリスト、歌手などを紹介し、そのCDやDVDも流した。
 約1時間の授業ゆえ、いつもながら私はどんどん早口になる。
 講座が終了してから質問コーナーを設け、みなさんの前に下りていっていろんな話をした。あいにくの雨模様で、長野市もざんざん降りだったが、多くの人が参加してくれた。
 講座が終了してから、担当者が受講生から集めたアンケートをメールで送ってくれた。それによると、もっとこういう話が聞きたかった、あんなことも話してほしかったと、いろんな要望が書かれてあった。
 概して、「楽しかった」「クラシックが好きになりそう」「次回も楽しみ」という意見が多かったが、次回からはこうした要望も踏まえ、またさらによい講座にするためにしっかり準備しなくてはならない。
 今日の写真は、雨のなか、三々五々集まってくる受講生たち。
 ホールはリサイタルホールが用意され、まだ新しいためかとても美しく、木造りの響きのよさが印象的だった。写真の手前が、私の話をするデスク。 

Y1970_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:24 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス