ブログ

エディクソン・ルイス

 今日はピアニストの伊藤恵のお誘いで、東京芸術劇場に「エル・システマ・フェスティバル2017」を聴きにいった。
 エル・システマとは、1975年に南米のベネズエラで設立された組織。子どもたちがオーケストラやコーラスに参加することで音楽を学び、集団としての協調性、社会性を育み、コミュニティとの関わりを作ることを目的としている。
 今回のフェスティバルは、エル・システマ出身で、ベルリン・フィルのオーディションに歴史上2番目の若さの17歳で合格し、いまや世界でもっとも成功しているコントラバス・ソリストのひとりといわれるエディクソン・ルイスを迎え、マスタークラス、室内楽コンサート、ガラコンサートが組まれている。
 今日の「エディクソン・ルイスと仲間たち 室内楽コンサート」のプログラムは、ボッテジーニの「ヴァイオリンとコントラバスのためのグラン・デュオ・コンチェルタンテ」、同じくボッテジーニの「チェロとコントラバスのためのデュオ・コンチェルタンテ」、そしてシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」である。
 エディクソン・ルイスのコントラバスは、いずれの作品でも低く深々とうたい、超絶技巧をものともせず、楽器に覆いかぶさるようにして豊かな響きを紡ぎ出す。リズム感も抜群である。
 ボッテジーニの作品はなかなかナマで聴く機会がないため、とても新鮮で、弦とピアノのみずみずしいアンサンブルに心が高揚する思いだった。
 もちろん、「ます」は一糸乱れぬアンサンブルで、非常に濃密なシューベルトを堪能することができた。
 エディクソン・ルイスは、1985年カラカス生まれ。幼少のころ親に捨てられ、貧困のどん底から這い上がり、ベネズエラ政府の支援を受けて11歳からコントラバスを始めた。そして驚くべきスピードで才能を開花させ、15歳でアメリカ・インディアナポリスで開催されたソロコンクールで優勝。2001年にベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーの最年少スカラシップ生となり、2年後にベルリン・フィルに入団することになる。
 終演後、伊藤恵に会い、「こんなコントラバスは聴いたことがない!」というと、「そうでしょう。ずはらしいでしょ。ああ、聴いてもらってよかった。今回の〈ます〉ほどリハーサルを繰り返したことはなかったわ。すごいリハーサルをしたのよ」といっていた。
 今日の写真は、終演後の全員のワンショット。左から伊藤恵(ピアノ)、大御所の堤剛(チェロ)、エディクソン・ルイス(コントラバス)、辻彩奈(ヴァイオリン、1997年生まれ、2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位)、田原綾子(ヴィオラ、1994年生まれ、第9回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位)。

y1968_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス