ブログ

フォルテ・ディ・クアトロ 1

[オーディション番組《ファントム・シンガー》から生まれた最強のヴォーカル・ユニット、フォルテ・ディ・クアトロは、個性豊かな4人組]

 真夏のソウルに取材に行ったフォルテ・ディ・クアトロの記事に関して、情報解禁となった。これから5回に分けて、その取材、インタビューの模様をお届けしたいと思う。
 彼らは11月2日にデビュー・アルバムのリリース記念のショーケースを日本で開く。いま、ユニバーサルのHPでは、アルバム予約先着50名様ご招待の告知を掲載している。ぜひ、ナマの歌声を聴いてほしい。
 
 2017年8月8日、ソウルの世宗文化会館ではフォルテ・ディ・クアトロのアンコール公演が行われ、満席のファンに熱い歌声を届けた。
 その前日4人がインタビューに応え、オーディションを受けた経緯、メンバー4人が集まった理由、デビュー・アルバムのこと、趣味から現在の心境まで、さまざまなことを幅広く語った。
 彼らは本当に仲がよく、ひとりが質問に答えていると、横から「それって本当かよ」とか「何、気取ってんだ」とか、「また、あんなこといってるよ」などと口々に横やりを入れてくる。それがとても自然で、笑いを誘う。
 そのインタビューの全容を紹介したい。

[複雑なシステムのオーディションを勝ち抜き、実力派の4人が結集した]

 フォルテ・ディ・クアトロは、韓国初のクロスオーバー・ミュージックのグループを結成するために行われたJTBC TVオーディション番組「ファントム・シンガー」のファイナリストたち。見事、グランプリを獲得し、2017年5月19日、Deccaより「Forte Di Quattro」(4人の力)と題したアルバムでデビューした。
「このオーディションはいろいろ複雑なルールがあり、ひと口で説明できないほど。まず、全国から集まってきた参加者たちが最終的に32人残り、それぞれが1対1でソロをうたう。同じ曲をうたうわけで、そのうちのひとりが次のラウンドにいけることになるんです。次は2対2で、デュオをうたう。そのうちのふたりが合格し、それがトリオでうたったりする。でも、落選した人でも、合格したメンバーが“この人と一緒にうたいたい”と判断したら、名指しされた人は生き残れるというシステムなんです。審査員は6人いて、もちろん彼らの点数は非常に重要。でも、最終的に審査員がファイナルに残った12人、3つのグルーブの人たちと話し合いの場を設け、ぼくたちの意見を聞いてくれるのです」
 まず、オーディションの説明をしてくれたのは、グルーブのリーダー的な役割を担うコ・フンジョン。とても複雑な方法をじっくり説明してくれるのだが、図に書いてもらわなければわからないほど、ファイナルに進むのは大変だ。それを補うように、キム・ヒョンスが続ける。
「ぼくたちは、全員が他の人の歌を最初から最後まで聴いているんです。この人の歌はいいな、この人の声はすばらしい、この人と一緒にうたってみたいと、どんどんテンションが上がっていく。もちろん、人は好みがあるから、この人とはうたいたくない、という人も出てくるわけ。そうした勝ち抜き戦を経験し、最後はこの4人が集まったわけだけど、廊下に赤いドアの部屋、青いドアの部屋、黄色のドアの部屋などがあり、自分が気に入った部屋に入っていく。でも、そのあとにだれが入ってくるのかは、だれにもわからない。ですから、最初に部屋に入った人は、ずっと緊張しっぱなし。外で靴音が聞こえると、すごく緊張するんですよ」
 どうも聞けば聞くほど複雑なシステムで、この4人が集まったのは偶然というべきか、あるいは運命の出会いだったのか、わからないほどである。困惑していると、TJソンが「もっと詳しくいうとね」と説明を加えた。
「要するに、番組としては、クロスオーバー・ミュージックのスターを発掘したいという目的で、オーディションを行ったんですよ。応募は本当に多数で、さまざまな人が集まったんです。もうプロとして活動している歌手もいれば、ひとりではなくグルーブでうたっていた人もいる。まったくの新人も応募し、みんなキャリアはまちまち。その人たちの歌を全員が聴き、審査員とともに生き残りをかけて闘っていく。まさに運命の出会いで、ぼくたち4人もそれまではだれひとりとして知らなかった。それが最終的に組むことになり、ファイナルでは4人でうたったんです。番組の視聴者の投票も加え、結果は優勝となったわけですが、まさに“運命”としかいいようがないんですよ」
 審査員は、「彼等のハーモニーは天国から贈られたようだ」と評し、すぐにレコーディングやコンサートが組まれた。
 それまで先輩たちの声に静かにうなずいていたイ・ビョリが口を開いた。
「この4人のなかで、ぼくだけ何のキャリアもないんです。応募用紙に何て書こうか困ったくらい。それまでまったく目が出ず、一時は音楽から離れていたこともある。でも、いまこうしてみんなとうたえることができて、本当に自分は幸せ者だと思っています。初録音では緊張感がピークに達したけど、すばらしい体験ができました」

 今日の写真は、インタビュー時の3枚。インタビューは、ソウルのユニバーサルで行われた。

y1950_R.JPG

y1954_R.JPG

y1952_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 11:26 | 終わりよければ…取材奮闘記
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス