ブログ

安曇野の野菜と果物

 シーズンが始まり、連日コンサートやインタビュー、締め切りなどに追われ、ドタバタしていたら、松本に住む親友のTちゃんから「安曇野の野菜と果物を送るね?」と連絡が入った。
 そして今日の午前中、届きました。信州の空気とともに、色とりどりの秋の味覚の入った箱が…。
 開けてみると、スタークリムソンペアーとバートレットという、初めて聞く名前の洋梨、シナノピッコロというかわいいりんご、それにローリエの葉とドライフルーツの巨峰レーズンと同じくドライフルーツのあんずが入っていた。そして、特筆すべきは、本ワサビが一緒に入っていたことである。
 う?ん、これはいいおさしみを見つけてこなくっちゃね。この本ワサビを見ただけで、もう心はお魚屋さんに飛んでいる(笑)。
 まさに安曇野の初秋の風が吹いてくる感じだ。ナマの果物は、色づくまで少しだけ常温に置いておく方がいいと書いてある。
 Tちゃんによれば、今回の野菜と果物は、スイス村の隣に昨年オープンしたハイジの里で購入したものだそうだ。
 いいよねえ、こういう新鮮な野菜や果物がすぐに手に入るなんて。
 今日の写真は、届いたばかりの安曇野のフレッシュ食材。これらを眺めながら、いろいろレシピを考えていると、疲れがパーッとどこかに飛んでいく感じ。


 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス