ブログ

比叡山のお土産

 旅に出ると、必ずその土地の食材を探したくなる。
 今回、比叡山を訪れたときも、延暦寺のあちこちを見て回りながら、知的好奇心を刺激されたが、最後はやはりお土産やさんに顔を出してしまった。
 そこで見つけたのが、和菓子とゆばと胡麻豆腐。
 それぞれこの土地ならではの特有の物で、作り方もかなり凝っている。
 こういう物を見つけるのも、旅の大きな楽しみ。そして、自宅に戻ってから、それぞれの物をゆっくり味わうと、旅の記憶が蘇ってくる。
 ほんのひとときの夏休みだったが、おいしい空気と脳の活性化と、そして舌を満足させることができた。
 今日の写真は、比叡山の思い出の品々。そして、東塔地域の阿弥陀堂と東塔。



タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりまったり京都ぐらし

ロラン・ドガレイユ

 インタビューをしたヴァイオリニストから、使用している楽器を見せてもらうことがあるが、昨日インタビューをしたフランスのロラン・ドガレイユのヴァイオリンは、歴史を感じるすばらしい楽器だった。
 ドガレイユは幼いころから天才と称され、歴史に名を残す名手たちに師事し、数多くの国際コンクールで優勝を果たしている。
 22歳のときにパリ国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任し、世界の著名な指揮者のもとで演奏を重ねる。
 現在は、パリ管弦楽団のコンサートマスターを務め、パリ国立高等音楽院の教授として後進の指導も行い、国際コンクールの審査員も務めている。
 そんなドガレイユのヴァイオリンは、「星の王子さま」で知られる作家、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが所有していた1708年製ストラディヴァリウス「Txinka」。これは、いまでも当初のオリジナルのニスが使用されているそうだ。
 インタビューでは、2018年初春にリリース予定の「フレンチ・ヴァイオリン・ソナタ集(仮)」(ワーナー)について聞いた。共演はフランス・ピアノ界の重鎮、ジャック・ルヴィエである。
 今回のアルバムは、フランクの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調」、ラヴェルの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 ト長調」、同「ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調(遺作)」、ドビュッシーの「ヴァイオリン・ソナタ ト短調」というフランスの王道をいく作品集。
 インタビューでは、ドガレイユの使用楽譜について、録音時の様子、ルヴィエとの共演について、これまでの音楽家としての人生、子ども時代のこと、すばらしい恩師たちとの出会い、各々の作品の聴きどころ、そして使用楽器についてなど、非常に多岐に渡る興味深い話を聞くことができた。
 ドガレイユは、日本でも多くのマスタークラスなどを行い、若手ヴァイオリニストの指導を行っている。そのときに注意するのは、ヴィブラート。そのやり方を実際に指を使って示してくれたが、とてもやわらかく弦を押える繊細なヴィブラートで、余分な力がどこにも入っていなかった。



「ですから、私の指の腹はまったく縦線もついていないし、何の形もついていないでしょう」
 こういって指の腹を見せてくれたが、まさしく何の傷もなく、きれいな指の腹だった。
 ドガレイユはバスク生まれだそうで、ラヴェルと一緒。ラヴェルの生家のごく近くに住んでいたという。その話題になったら話が止まらなくなり、ラヴェルのことからバスク人の特徴まで、ことこまかに話してくれた。
 このインタビューは、「CDジャーナル」に書く予定になっている。
 ロラン・ドガレイユとジャック・ルヴィエのフランス作品の録音。これはきっと後世に語り継がれる名演になるに違いない。まだ音源は仕上がっていないため、音を聴くことはできないが、いまはその音が届くのをひたすら待っているところである。
 今日の写真は、「Txinka」を抱えたドガレイユ。彼はちょっとだけ、私の手をとって、ヴァイオリンのネックのところを触らせてくれた。「キャーッ、サン=テグジュペリの楽器に触っちゃった」と、胸がドキドキ。
 いやあ、すばらしい体験でした。いまでもその感触が残っているワ(笑)。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト・クローズアップ

比叡山延暦寺

 真夏の京都はすさまじい暑さである。
 今回は、ソウル出張から帰国し、たまっている原稿をある程度仕上げ、翌日の夕方から京都に向かったため、ソウル、東京、京都の3カ所の猛暑を体験した感じだった。
 その間隙を縫って、天台宗 比叡山延暦寺を訪ねた。
 まず、山のなかは空気が違う、静けさが違う、そして心のなかも微妙に違った。
 延暦寺はとても広い。東塔地域、西塔地域、横川地域に分かれ、それぞれ講堂や中堂、書院、阿弥陀堂、釈迦堂などがあり、ひとつの地域を巡るだけでもかなりの時間を要し、坂道や階段を上り下りしなくてはならない。
 今日の写真は、まず東塔地域の急な階段の上に位置する文珠摟と、宿坊 延暦寺会館から臨むびわ湖の遠景。
 また、折を見て、いろいろ写真などを紹介したいと思う。
 今日は夕方からインタビューが入っていたため、京都から戻ってインタビュー会場に直行した。
 そして、まだこれから仕事が残っているため、延暦寺のすばらしさを詳しく綴ることができない。
 なにはともあれ、バタバタと忙しい日々を送っているなかで、ほんのひととき清涼な空気をからだいっぱいにまとい、延暦寺の教えに触れ、静謐な時間を過ごすことができたことが財産である。




タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス