ブログ

ピノキオコンサート

 今日は、公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団が主催する「ピノキオコンサート」が、日生劇場で開催された。
 このコンサートは、「大人と子どものための音・学・会」と題され、音楽を通して次世代を担う子どもたちの豊かな心を育むことを目的とし、1998年よりホール、学校、博物館、神社などさまざまな会場で開催されている。
 財団総裁マルタ・アルゲリッチ、副理事長伊藤京子を中心に、さまざまな演奏家が集い、これまで子どもから大人まで約36,000人が教育プログラムを体験している。
 今日は、チェロの遠藤真理とピアノ・お話の伊藤京子がデュオを披露し、ソリマ「アローン」、カサド「親愛のことば」、シューマン「アダージョとアレグロ 変イ長調」、エルガー「愛のあいさつ」、サン=サーンス「白鳥」、ヴィラ・ロボス「黒鳥の歌」を演奏した。
 日生劇場の1階のピロティで開かれたコンサート、可動式の椅子が並べられ、親子連れがたくさん集まり、みなさん熱心に演奏とトークに耳を傾けていた。
 もっとも印象的だったのは、幼稚園生や小学校低学年くらいの子どもたちが、静かに集中して音楽に聴き入っていたこと。時折、親に連れられて席をはずす子もいたが、ほとんどの子どもが最後までじっと演奏を聴いていた。
 写真は、演奏が終わり、遠藤真理と伊藤京子が聴衆に向けて話しかけているところ。もう1枚は、終演後のおふたりのショット。
 3月初頭に別府アルゲリッチ音楽祭の一環である講座の講師として大分を訪ねて以来、関係者のみなさんとまた会うことができ、再会を喜び合った。
 このコンサートが、末永く続くことをひたすら祈りたいと思う。






 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す

仲道郁代

 ピアニストの仲道郁代が、デビュー30周年を迎えた。
 今日は、彼女にインタビューを行い、「デビュー30周年アニヴァーサリー・リリース」の「シューマン:ファンタジー」(ソニー 9月27日発売予定)の新譜について、これまでの歩み、今後の予定などについていろいろ聞いた。
 このインタビューは、次号の「intoxicate」に書くことになっている。
 思えば、仲道郁代には1986年のジュネーヴ国際コンクールのときから取材を続けている。翌年のエリーザベト国際コンクールのときも現地に赴き、1993年にはイギリス・ブリストルの海外録音にもいっている。
 本当に長いお付き合いである。
 この間、幅広いレパートリーを聴き、さまざまな話を聞いてきた。1冊の本が書けそうなくらい、語録がたまっている。
 彼女に会うと、いつも両手に抱えきれないほどの企画ややりたいこと、目標、夢をもっているが、それをすべて実践していくから驚く。
 今日も、2027年の演奏活動40周年に向けた新たなシリーズを計画していると聞き、「すごいなあ」と感慨を新たにした。
 これはベートーヴェンのピアノ・ソナタと、関連を示すポスト/プレ作曲家の作品によるシリーズだそうだ。
 今回の新譜は、2017年4月にベルリンのイエス・キリスト教会で収録したもので、シューマンの「ロマンス 嬰ヘ長調 作品28の2」「交響的練習曲」「幻想曲」というプログラム。インタビューでは、シューマンに対する熱く深い気持ちを話してくれた。
 11月5日には東京文化会館小ホールで、「オール・シューマン・プログラム」のリサイタルが予定され、レコーディングされた作品を披露する。
 さらに2018年3月16日には、「仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル」と題し、上原彩子、小川典子、金子三勇士、清水和音、萩原麻未とともに、5台のピアノと6人のピアニストがぶつかりあうというコンサートが行われる。
 本当に次々に新たなシリーズや企画が計画され、そのエネルギーと前向きな姿勢に、私も背中を押される思いがする。
 考えてみれば、私は2018年が独立30周年にあたる。仲道さんの熱意に関心しているだけではなく、自分も何かきちんと計画を立てなければなあ、と今日はいろいろ考えさせられた。
 今日の写真は、「時間が足りないとは考えない。やるべきことをやるだけ」と語る仲道さん。迷いがなく、まっすぐ前を向いて進んでいく。見習わなくっちゃね。


 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親しき友との語らい

韓国の調味料

 今回のソウル出張でも、仕事の合間を見て韓国ならではの調味料を探しにいった。
 現地のレコード会社の人に、「おいしい調味料はない?」と聞いたら、あるおしょうゆを教えてくれた。
 しかし、韓国語ができない私は、デパ地下にいっても、そのおしょうゆのラベルが読めない。
「そうか、名前を書いてもらえばよかった」
 そう思ったが、すでに遅し。
 そのときに、お店の人で日本語が少しできる人がいたため、その人に聞き、ようやく探し当てたときは、とてもうれしかった。
 このおしょうゆは、ナムルを作るときに一番いい味わいになるそうだ。
 あとはコチュジャンと、金ごま油を買い、最後に韓国海苔を購入した。
 韓国海苔は、ごま油を使ったものとオリーブオイルを使ったものがあり、どちらにしようか悩み、やはりごま油の方にした。
 私があれこれ悩んでいたためか、お店の人は、会計を済ませると、私の買い物袋にさっとオリーブオイルの小さな袋を入れてくれた。
「こっちも食べてみて。よかったら次はこっちもどうぞ」
 ウワッー、うれしい、ありがとう。
 というわけで、今日の写真は韓国ならではの調味料と海苔。
 これらを使って、ぜひ新たなアーティスト・レシピに挑戦したいと思っている。さて、どんなレシピで、だれにしようか…。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス