ブログ

シュトラウス&ランナーの像

 ウィーンには音楽家の像が数多くあり、それらはいつも人でにぎわい、写真の被写体となっている人気の高い像と、あまり人が訪れない像とに分かれる。
 ブルク劇場の向いに建ち、高い尖塔をもつ市庁舎の公園にあるヨハン・シュトラウス1世とヨーゼフ・ランナーの像は、後者ではないだろうか。
 以前、ウィーン郊外の温泉保養地、バーデンの公園にあるシュトラウスとランナーの像をブログにアップしたことがあるが、こちらは目立つところに建っているためか、多くの人が写真を撮っている。
 一方、市庁舎公園の像は、目立たない場所にひっそりと建っているためか、いつ訪れても人影はない。
 真相は定かではないが、実はこのふたりはあまり仲がよくなかったとか。
 しかし、いずれの像も親しい友人のような表情を備え、当時のウィーンのワルツやポルカなどの舞踏音楽を牽引していた雰囲気をたたえている。
 シュトラウス1世は、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートのアンコールの定番、「ラデツキー行進曲」で知られる。これはイタリアを征服した、ラデツキー将軍の凱旋祝賀会で演奏するために書かれた。
 作曲は1848年3月、ウィーンの動乱のさなかに行われている。
 当時、メッテルニヒの圧政に反抗する学生や労働者を中心とした市民が武器をとって立ち上がり、メッテルニヒを失脚させ、皇帝を退位に追い込んだ事件があったが、そのさなかに書かれた。
 このときシュトラウス1世は政府の側に立ち、軍隊の士気を鼓舞するためにこの行進曲を書いたと伝えられている。
 その後、この作品の政治的な色彩は次第に忘れられ、いまでは国民的に愛されるようになり、吹奏楽のスタンダード・ナンバーとしても愛好されている。
 ランナーはシュトラウス一家に先立ってウィンナ・ワルツの様式を確立したことで知られ、シュトラウス1世が「ワルツの父」、その息子のシュトラウス2世が「ワルツの王」と呼ばれるのに対し、「ワルツの始祖」と称される。
 「シェーンブルンの人びと」「宮廷舞踏会」「ロマンティックな人びと」などの作品を次々に世に送り出した。
 当時は、ランナーもシュトラウス1世も自身の楽団を率い、ワルツやポルカやレントラーなどで人々の人気を得、競い合い、「ワルツ対決」とまでいわれたという。
 そのおかげで、いまなお私たちはすばらしい曲の数々を聴くことができるわけだ。
 今日の写真は、市庁舎公園の裏側の入口付近にひっそりとたたずむ、シュトラウス1世とランナーの像。


 
 

 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗しき旅の記憶

にしんうどん

 京都は、うどんやおそばのだしの味が実に薄味でおいしい。
 私は関東の濃い味に慣れてしまっているが、本当は薄味のおだしの方が好きである。 
 以前、湯沢に仕事部屋があったときは、「しんばし」という人気店のにしんそばをよく食べにいった。 
 ここはいつも行列していて、私がいくのはたいてい週末ゆえ、長蛇の列。
「湯沢のおそばだったら、しんばし」といわれるだけあって、延々と待たされたものだ。
 そのお店のにしんそばは、手打ちのおそばもさることながら、にしんがとてもやわらかくて美味だった。
 京都では、手打ちうどんだ。数件ある「美竹」といううどんのお店には、このにしんうどんがある。
 ここは九条ネギを使っているのが特徴。だしのまろやかさ、うどんのモチモチ感、にしんの独特の味わい、そして九条ネギがマッチし、シンプルながら飽きないおいしさ。
 先日食べにいったときは、とても寒い日だったため、からたの芯から温まった。
 というのは、薄味のつゆを結構たくさん飲んでしまったから。
 お店の外に出ると、お稽古にいく途中だろうか、舞子さんの姿を見かけたのでついパチリ。1枚撮らせてもらった。
 今日の写真は、にしんうどんと美しい舞子さんたち。彼女たちは外国人に囲まれて、大変だった。




タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりまったり京都ぐらし

カルロ・マリア・ジュリーニ

 そのアーティストの音楽性にも人間性にも強く惹かれ、ぜひ実際に会って話を聞きたいと願ったが、どうしてもインタビューの機会がもてなかったという人が何人かいる。
 機会あるごとにインタビューの希望を出していたのだがかなわず、残念ながら亡くなってしまったという人である。
 イタリアの名指揮者、カルロ・マリア・ジュリーニはその筆頭だ。
 ジュリーニの音楽に命を捧げているような真摯、純粋、高貴、謙虚、高潔な音楽作りは、聴くたびに心打たれ、ぜひ一度会いたいと思った。
 しかし、ジュリーニはある時期から病気の夫人のそばを離れたくないという気持ちから、あまり海外での演奏を行わなくなった。
 日本でも聴く機会がなくなり、私はあるイタリア在住の知人に、マエストロの自宅にいって話を聞くというチャンスをもらえるかもしれないといわれたが、結局それもかなわなかった。
 ジュリーニは1998年に引退を表明し、2005年に91歳で亡くなっている。
 本当に、かえすがえすも残念である。一度も会うことができなかったからである。
 いまとなっては、残された録音を繰り返し聴くしかない。
 そんなジュリーニの壮年期、1971年にシカゴ交響楽団と録音したベートーヴェンの交響曲第7番がリマスター音源、SACDハイブリットとして蘇った(ワーナー 12月21日発売)。
 ジュリーニは1969年から73年にかけてシカゴ交響楽団の首席客演指揮者を務めている。当時、56歳。躍動感と生き生きとした新鮮な空気をただよわせ、シカゴ響を自由にうたわせ、ベートーヴェンの魂に寄り添うような演奏を聴かせている。
 私はベートーヴェンのピアノ・ソナタやピアノ協奏曲における緩徐楽章(第2楽章)の、えもいわれぬロマンあふれる抒情的な曲想に心が奪われているのだが、この緩徐楽章もみずみずしい演奏で、こよなく美しい。
 これは初演時に拍手が鳴りやまず、アンコールで演奏されたといわれる楽章。ワーグナーが「不滅のアレグレット」「舞踏の聖化」と評したように、ベートーヴェンのロマンティシズムがあふれた傑作である。
 ジュリーニの音楽は、いまなお私の胸に熱き感動を呼び起こしてくれる。こういう指揮者はなかなかいない。
 今日の写真は、CDのジャケット。若きジュリーニの雄姿である。


 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス