ブログ

マレイ・ペライア

 今日は午後、TOKYO FMで番組の収録があり、2時間半ほどマイクに向かった。
 この内容は、アーティストの情報が解禁になってから、ゆっくり綴りたいと思う。
 それが終了してから、夜はサントリーホールでマレイ・ペライアのリサイタルを聴いた。
 ペライアは、私が長年こよなく愛しているピアニスト。いつも聴くたびに深い感動を覚える。
 プログラムは、前半がハイドンの「アンダンテと変奏曲 ヘ短調Hob.XV?:6」からスタート。次いでモーツァルトのピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310へと進み、ブラームスの「6つの小品」より第3番バラードや「幻想曲集」より第1番幻想曲など5曲が演奏された。
 とりわけハイドンが印象深く、ペライアの現在の心身の充実が見てとれる内容。作品が内包する素朴さ、堅実さ、緻密さ、構造の豊かさが前面に押し出され、聴きごたえ十分なハイドンとなった。
 モーツァルトのこの有名なソナタも、実に味わい深く、特に第1楽章の全編を支配する主題の表現が印象に残った。
 私は今夜、ペライアのブラームスに期待していた。彼のしみじみとした滋味あふれるブラームスを聴きたかったからである。
 しかし、ペライアのブラームスは、枯淡の域を脱し、ほの暗さや北国特有の冷涼な空気を漂わせるブラームスではなく、抒情的でありながら情熱とロマンと明快さを感じさせる演奏だった。
 彼は指のケガが癒えたころから、タッチが強く鋭く重くなった。だからこそ、ブラームスは力強さを増したのかもしれない。このブラームスは、ペライアの新たな側面を表しているように思えて、新鮮な驚きを覚えた。
 もっとも今夜の白眉は、後半に演奏されたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」Op.106である。
 このソナタを論じ始めると、時間がいくらあっても足りない。今日の公演評は次号の「モーストリー・クラシック」に書く予定にしている。そこでじっくり綴りたいと思っている。
 ペライアは、DGに移籍し、バッハの「フランス組曲」をリリースした。この録音は、もうレコードでいえば「擦り切れる」ほど聴いている。
 ニュアンス豊かな、歌心あふれる、ごく自然なバッハ。これぞ、ペライアという新録音である。
 実は、今日サントリーホールで友人のKさんにばったり出会い、ひさしぶりだったため、コンサート終了後に食事をご一緒し、しばらくおしゃべりに興じた。
 近況報告と情報交換を行い、家の近くまで一緒に帰り、すぐまた会おうということを約束して別れた。
 いろんな人に会い、いろんなことを行った日で、本当に長い一日となった。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す

京都で親友と食事を

 ようやくこの週末、京都で少しゆっくりできると思っていたところ、松本に住んでいる親友のTちゃんが、同じ時期に京都に旅していることがわかった。
「うわあ、偶然。ぜひ会おうよ!」
 Tちゃんとご主人は、伊藤若冲の追っかけ(?)だそうで、各地で若冲の作品を見ているそうだ。今回も、京都でこれまで見ていない作品に出合うという。
 早速、29日のお昼にホテルグランヴィアの最上階にあるイタリアン「ラ・リサータ」に集合。ランチを楽しんだ。
 みんなでわいわい近況報告や仕事の話をしていると、あっというまに時間が過ぎてしまう。
 ふたりは、私のブログをいつも読んでくれるため、私の仕事のことは細かいことまで話さなくても、すべてお見通し。
 ご夫妻は、毎年1回は京都にきているそうで、次回はみんなで敷居の高い懐石料理に繰り出そうという話になった。
「ロサンゼルスやウィーンに出張して、疲れたでしょう。とにかくからだには気をつけてよ」
 Tちゃんにこういわれ、ごもっともという感じ。彼女もこの夏、体調を崩したそうで、「なにはなくても健康が大事」という話になった。
 今日の写真は、スタイリッシュでおいしかったランチ。前菜、パスタ、お肉料理、デザート。
 実は、ここはピアニストの斎藤雅広さんから教えてもらったお店。「あそこ、おいしいよ」といわれていたため、今回初めて訪れた。
 以前は、駅に直結しているためこのホテルをよく利用していたが、部屋ができてからはすっかり足が遠のいていた。
 それゆえ、今回は初めてレストランを訪ねたわけだが、とても人気のあるお店で、予約を取るのも四苦八苦の状態。京都は本当にどこも混んでいるよねえ。
 でも、松本と東京に住んでいる私たちが、京都で会う。
「これまた、粋だよねえ」
 食後、駅でまたまた立ち話。話は尽きませんでした。







タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親しき友との語らい

吉川隆弘

 昨夜は、ミラノ在住のピアニスト、吉川隆弘とマネージャーのYさんと3人で、白金台のレストランで夜中の3時まで飲み、食べ、おしゃべりに興じた。
 夜7時半に開始したこの食事会、彼の来春リリース予定の新譜のリストのライナーノーツを書くため、最初は簡単なインタビューから入った。
 30分ほど話を聞いたところで、もうテレコは止めてフリートークとなった。
 それから夜中まで、ひとときもおしゃべりが止むことなく続き、おいしいお料理とワインをいただきながら、気がつけば夜中の3時。
 吉川さんの行きつけのお店とあって、「何時までいても大丈夫」ということだったが、それにしても、長居をしてしまった。
 あわててタクシーを呼んでもらって、帰宅。
 今日はお昼から1本インタビューがあり、その後、女性誌の来年からの連載の打ち合わせを行い、夕方東京駅に駆け込んで京都にやってきた。
 いつもながらバタバタのスケジュールだったが、久しぶりに京都の空気を吸って、なにはともあれほっとひと息。
 今日の写真は、かなり飲んだあとの吉川さん。ほろ酔い加減で、いい気持ちという感じの表情だ。
 彼のインタビュー記事は、リスト・アルバムのライナーノーツのほか、私のHPの「音楽を語ろうよ」に登場してもらう予定になっている。
 このリスト、ライヴ収録時のリサイタルを聴いているから、演奏はよくわかっているつもりだが、やはり録音の音源が出来上がってくるのが待ち遠しい。
 もう1枚の写真は、絶品だった「生ウニのフラン」。こういうの、作ってみたいなあと思って、じっくり味わった。でも、このレヴェルに達するのは、かなり難しそう(笑)。



タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス