ブログ

エミール・ギレリス

 現在発売されている「レコード芸術」9月号は、「ヴィルトゥオーゾ・ピアニストの世界」という特集を組んでいる。
 このなかの「20人の評論家の聞く わたしの考えるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト」という人選と、そのなかの第2位になったエミール・ギレリス、第6位になったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの記事を担当した。
 今日は、ギレリスについて綴ってみたい。
 私の愛聴盤のひとつに、ギレリスの演奏するグリーグの「抒情小曲集」の録音がある。ギレリスは「鋼鉄のタッチをもつピアニスト」と呼ばれ、幅広いレパートリーを誇り、そのいずれもが完璧なるテクニックと深い表現力と音楽性に満ち、ピアノを豊かに大きく鳴らし、生前は世界各地で演奏するたびに嵐のような喝采に包まれたと伝えられている。  
 しかし、この「抒情小曲集」は静謐な美と柔和な色彩感に富み、各曲が詩的で情感あふれる歌を紡ぎ出している。それはあたかもギレリスの誠実で優しく、温かな人間性を表しているようだ。
 彼に関しては、死因もあれこれ取り沙汰され、いまだ謎に包まれているピアニストなのである。
 常にリヒテルとくらべられ、次第にその陰に隠れるようになってしまったギレリス。だが、残された数多くの録音がギレリスの偉大さ、真の天才性をいまに伝え、輝きに満ちた圧倒的な存在感を放つロシア・ピアニズムは、いまなお偉才を放っている。
 その「レコード芸術」のなかでも紹介したが、「ギレリス 1964年シアトル・リサイタル」(ユニバーサル)という新譜が登場した。これは生誕100年を記念して初リリースとなったもので、1964年12月6日にシアトルのオペラ・ハウスで開かれたリサイタルのライヴで、ベートーヴェンの「ワルトシュタイン」からプロコフィエフのソナタ第3番、「束の間の幻影」、ドビュッシーの「映像 第1集」など、多彩な作品が並ぶ。
 曲が終わるごとに嵐のような拍手が巻き起こり、アンコールも収録。もちろん録音は古いが、会場の熱気が伝わってくるような臨場感がある。
 ギレリスは、本当にナマを聴きたかったと切望するピアニストである。残された音の記録は、聴き手の記憶に残る偉大なる財産である。
 今日の写真は、シアトル・ライヴのジャケット。ギレリス、48歳のときの姿である。





タグ:"Yoshiko Ikuma"

全米オープンテニス

 今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスが始まった。
 ロジャー・フェデラーがひざの故障で半年間の休養に入り、この大会も欠場しているため、ちっとも興味が湧いてこない。
 以前、あるアーティストにインタビューをしたとき、ブラジルのレーシング・ドライバー、アイルトン・セナが好きで、レースをずっと観戦していたが、1994年に亡くなってからは、まったくレースに興味がなくなってしまったと語っていたことを思い出す。
 やはり、自分の応援しているアスリートがいないと、その大会は遠い存在になってしまうのだろうか。
 オリンピックが終わり、本当なら全米オープンにかじりつきたいところだが、どうもトーンダウンしている。
 もっとも、仕事が山積みゆえ、テレビ観戦どころではないから、ちょうどいいのかもしれない。
 なんだか、寂しいが…。
 ニューヨークは時差の関係で、ライヴ中継を見ようと思うと、当然のことながら寝不足になる。
 まあ、ときどきのぞいてみる程度でいいかな。
 これはきっと、仕事をしろということなのかもしれない。
 とにかく、ロジャー・フェデラーの一日も早くひざが回復することを願ってやまない。来年は、初頭から試合に復帰することを宣言しているため、治療の効果は上がっているのだろう。それを楽しみに待つしかない。
「私はスーパーストロングになって戻ってくる」
 フェデラーはこう語っている。たのもしいじゃないですか。
 私はひたすらこのことばを信じて、待っている。ファンとは、そういうものなんですね。
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー

かつおのそぼろご飯

 週が明けたら、出張の予定が次々に決まってきた。
 まず、9月中旬から下旬にかけてのロサンゼルス、そして10月初旬のウィーン。
 このスケジュールの合間を縫って、単行本の原稿と取り組まなくてはならないし、新譜のライナーノーツなども重なっている。
 というわけで、あれこれ予定を立てていたら、頭のなかがパニック状態になってきたため、気分転換にお魚屋さんに出かけた。
 いつも親しくしているお魚屋さんのおじさんふたりと話していると、すごく気持ちがおだやかになり、不思議なことにストレスが霧散していく。
 今日は、このお店で作られたというなまり節がお薦めだというので、ちょっと味見させてもらった。
 ふつうなまり節というと、なんとなく硬くて、いつ作られたものなのかわからない場合が多い。
 でも、今日食べたなまり節は、やわらかくて新鮮で、「サラダの上にこのままほぐして乗せて食べてもうまいよ」といわれたように、すごくおいしい。
 ふた切れ買ったのに、ひとつおまけしてもらっちゃった。いつもこのお店の人たちは、「これももっていけば」と、おまけしてくれる。
 早速、かつおのそぼろご飯に乗せるそぼろを作った。
 まず、なまり節を皮や骨を除いてほぐしていく。大体、200グラム強あった。それをお鍋に入れ、しょうゆ大さじ4、砂糖大さじ2、みりん大さじ2を加えてほぐしながら弱火で煮ていく。
 汁気がなくなったら、しょうがのすりおろし20グラムを混ぜ合わせ、火を止めれば出来上がり。
 今日の写真は、新鮮ななまり節と、変身後のそぼろ。これを炊きたてのご飯の上に乗せ、好みでしょうがの千切りをトッピングすれば、美味なるかつおのそぼろご飯の出来上がり。
 さて、これをたくさん食べて、出張の大変さや締め切りに追われているストレスを解消しましょうか。





 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス