ブログ

佐藤晴真

  2019年9月に行われたミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で、日本人として初優勝に輝いた佐藤晴真が、12月6日に紀尾井ホールでリサイタルを開いた。
  コンクール後の帰国時(10月20日)にインタビューをした様子はブログに綴り、「東京新聞」に記事を書いた。
  リサイタルは、前半がドビュッシーのチェロとピアノのためのソナタ、プーランクのチェロとピアノのためのソナタ。後半がオール・ブラームス・プロで、「5つの歌曲」「6つの歌」よりのチェロとピアノ版が奏され、最後にピアノとチェロのためのソナタ第2番が演奏された。
  佐藤晴真のチェロはのびやかでよくうたうが、内省的で抒情的で聴き手の心の奥深く響いてくるものを備えている。
  コンクールでも、人の心に訴える力が高く評価されたに違いない。
  とりわけブラームスのソナタ第2番の第2楽章(アダージョ)が美しく、息の長い旋律を朗々とうたわせる部分が印象に残った。
  ご本人が、「僕の声は低いので、チェロの音と同質のような気がするんです」と語っていたが、まさに自身の心の声を表現しているようだった。
  ちなみに、使用楽器は宗次コレクションより貸与されている1903年製E.ロッカ。弓は匿名のコレクターより貸与されているF.Tourteである。
  今日の写真は、終演後にピアニストの薗田奈緒子と。
  2020年もベルリンと日本を何度も往復し、コンサートを行う予定。3月14日にはめぐろパーシモンホール(小ホール)でリサイタルが予定されている。
   大海原へと漕ぎ出す若きチェリストの未来に期待したい。

y3480_R.JPG














posted by 伊熊よし子 at 23:14 | クラシックを愛す

来日ラッシュと原稿締め切り

  ここ1週間は、来日ラッシュでコンサートとインタビューなどが続き、原稿の締め切りも重なり、てんやわんやの状態である。
  ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場の来日プログラムは「チャイコフスキー フェスティヴァル2019」と題し、11月30日から12月7日までオペラとシンフォニー、コンチェルトがぎっしり詰まっている。
  11月30日には「スペードの女王」、12月2日には「マゼッパ」を聴きに行った。両方ともゲルギエフの選んだ実力派の歌手が勢ぞろい。加えてオーケストラと合唱がこれまたすごい迫力。この2本のオペラに関しては、「公明新聞」に公演評を書く予定になっている。
  そして今夜は、アイスランド出身の個性派ピアニスト、ヴィキングル・オラフソンのリサイタルを聴きに紀尾井ホールに出かけた。ヴィキングルに関しては、これまでいろんなところで紹介してきたが、ナマで聴く彼の演奏はまさに衝撃。ブレない演奏というのは、こういうものなのだろう。ラモーを弾いても、ドビュッシーを弾いても、ムソルグスキーを弾いても、まったくこれまで聴いた演奏とは異なる魅力を発している。
  破格の才能の持ち主だということが理解できた。
  ヴィキングルについては、またゆっくり書きたいと思う。
  こうしたコンサートの合間に、ブログにも書いたアレクサンドル・タローのインタビューがあったり、「音楽の友」の小林沙羅の取材があったり、プログラム用の辻井伸行のインタビューがあったりと、土曜日も日曜日も仕事仕事。ちょっと疲れ気味である。もちろん、原稿締め切りが重なっているため、それらを集中してこなさなくてはならない。
  さて、もう12月に入ってしまった。これからしばらくすると年末入稿の季節がやってくる。
  それには体力を整えておかないと、途中で息切れしてしまう。というのをいいわけに、夜遅くなってから食べるから、この時期は変に太るんだよね。でも、食事制限をして体力が落ちると、風邪をひいたりするしね。
  この悪循環、なんとかならないものだろうか…。
  
posted by 伊熊よし子 at 22:43 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

アレクサンドル・タロー

  フランスの個性派ピアニスト、アレクサンドル・タローは、ラモーやクープランなどのチェンバロ音楽をピアノで演奏し、センセーションを巻き起こした人である。
  毎回、新譜をリリースするごとに新たな世界を展開し、聴き手に驚きや発見を促してきた。
  今回の新譜は、「ヴェルサイユ」(ワーナー)。17〜18世紀のフランス音楽を取り上げたもので、ラモー、クープランはもちろん、ロワイエ、ダングルベール、デュフリなどが含まれている。
  来日のたびに話を聞いているが、今回も新譜について、近況についてインタビューするため、レコード会社に出向いた。
  タローは、いつも録音に関しての話は半分ほど。あとは自分が興味をもっていること、新たに始めたこと、最近凝っていること、それから食談義などになってしまう。
  それも実に楽しい時間だ。
  彼は東京にくると、「待ってました」とばかりにおいしい和食のお店に飛んでいくという。
  今回は親友のチェリスト、ジャン=ギアン・ケラスと一緒に来日したため、ふたりであちこち食べ歩いているそうだ。
「日本はすばらしいよね。もうパリに帰ると、東京で食べた美味なる食事が思い出されて、なつかしくてなつかしくて…」
  なんでも、最近のパリは手放しでおいしいというお店は少なくなり、一生懸命探さないと失敗するとか。
「ねえ、出張にきたら、絶対に失敗したくないでしょう。短時間の滞在でおいしくないものを食べたら、パリの印象が悪くなるし…。パリにくるときは、絶対に電話して。まだまだ隠れた名店はあるんだから」
  まあ、そういわれても、そんなにパリに行く機会もないし…。
  でも、ありがとね。そういえば、最近、パリで印象に残るほどおいしいものを食べた記憶はないなあ。
  タローのリサイタルは、明日トッパンホールで行われる。プログラムはCD「ヴェルサイユ」の収録曲も含まれている。
  今日の写真は、フレンチ・バロックの音楽を楽しそうに話すタロー。このインタビューは、新聞に書く予定である。
  彼はとてもスリムゆえ、日本の洋服のサイズがピッタリだそうで、来日すると行きつけのデパートのお店に駆け付け、何枚か購入するという。今日のセーターも買ったばかり。「いいでしょ、いいでしょ」といっていた。

y3477_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:31 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス